60歳で銀行口座に1,000万円…「貯蓄が尽きる」のはいつか?

老後不安から資産形成への関心が高まり、日本人の貯蓄は増加の一途をたどっています。しかし貯蓄を切り崩しながらの年金生活、「いつお金が底についてしまうか」という不安は払拭できそうもありません。老後のための貯蓄はどれくらい持つものなのか。考えていきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

本当に老後のために2000万円は必要か?

少子高齢化が進み、「本当に年金はもらえるのか?」「老後のためにどれくらいお金を貯められばいいのか」など、老後への不安が高まっています。

 

わたしたち、これからどうなるのかしら…(※写真はイメージです/PIXTA)
わたしたち、これからどうなるのかしら…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

厚生労働省『令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況』によると、厚生年金保険(第1号)の平均年金月額は14万4268円で、年金受給が始まる65歳では14万4064円となっています。

 

■年齢別老齢年金平均月受給額

60歳 9万1304円

65歳 14万4064円

70歳 14万7292円

75歳 14万7957円

80歳 16万73円

85歳 16万2964円

90歳 16万1044円

 

仮に夫婦、正社員として働き続け、定年を迎えたとすると、二人合わせて28万円程度の年金を手にする計算です。

 

ただ2人とも正社員というのは難しいもの。一方はパートタイムなど働き方が変わったり、キャリアに空白が生じたりする場合も。そうすると、夫婦で受給できる年金額は減ります。総務省『2020年家計調査家計収支編』によると、無職の65歳以上夫婦がもらえる公的年金の平均は21万8980円。平均すると、22万円程度で年金生活を送ることになるといえます。

 

月に22万円。足りない分はどうしよう……

 

そのような不安のために「資産形成を!」と言われているわけですが、どれほど貯蓄をしているものなのでしょうか。金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』によると、60歳代の平均値は1745万円、中央値は875万円。900万円程度の貯蓄を築いて老後を迎える……というのが一般的な姿です。

 

■金融資産平均保有額

20歳代 平均値292万円/中央値135万円

30歳代 平均値591万円/中央値400万円

40歳代 平均値1012万円/中央値520万円

50歳代 平均値1684万円/中央値800万円

60歳代 平均値1745万円/中央値875万円

70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!