米気候変動サミット「ムーンショット」は実現なるか?

米バイデン大統領が主催した気候変動サミットが4月22~23日の2日間にわたって開催された。この気候変動サミットにあわせて、米国は2030年までの二酸化炭素(CO2)削減目標を従来よりも大幅に上方修正させた。気候危機の解決につながる「ムーンショット」を米国は実現させることが可能なのか?

\12/2(木)緊急開催/
2022年4月、東証の「市場再編」
中小型株に生まれる投資機会とは?

CO2の削減は「率」ではなく「量」が重要

米国はこれまでCO2の削減目標を「2025年までに05年比で26~28%減」としてきたが、今回の気候変動サミットに合わせてこの目標を「2030年までに05年比で50~52%減」へ大幅に上方修正した。また、日本もこれまでCO2の削減目標を「2030年までに13年比で26%減」としてきたが、これを「2030年までに13年比で46%減」へ大きく引き上げた。ちなみに、欧州はすでに昨年12月時点で「2030年までに90年比40%減」から「2030年までに90年比で55%減」へ上方修正済みだった(図表1)。

 

年次、単位:億トン、期間:1985年~2019年(2030年は各国地域の目標) 出所:Our World in Data、各種資料よりピクテ投信投資顧問作成
[図表1]欧州、米国、日本の二酸化炭素排出量推移 年次、単位:億トン、期間:1985年~2019年(2030年は各国地域の目標)
出所:Our World in Data、各種資料よりピクテ投信投資顧問作成

 

米国と欧州、日本のCO2削減目標はそれぞれ基準年がバラバラになっているが、これは各国地域でCO2排出量が最も多かった年を基準にしていることが背景にある。だが、それぞれの基準年に合わせてCO2の削減率を再計算しても、実は大して変わらないことが分かる(図表2)。むしろ、重要なのは19年比でみたCO2削減「量」だ。

 

※米国は2005年比で51%減として計算 出所:Our World in Data、各種資料よりピクテ投信投資顧問作成
[図表2]欧州、米国、日本の二酸化炭素排出量の2030年時点削減目標 ※米国は2005年比で51%減として計算
出所:Our World in Data、各種資料よりピクテ投信投資顧問作成

 

2030年における米国、欧州、日本それぞれのCO2目標削減率から逆算したCO2削減量は、19年対比で米国が約23億トン、欧州が約18億トン、日本は約4億トンになる(米は05年比51%減として計算)。CO2削減量でみれば米国の「貢献度」が最も大きくなることは明らかで、それに伴う経済効果(クリーンエネルギー投資など)も必然的に高まることが予想される。

気候変動サミットで出た米国の具体策は?

今回の気候変動サミット2日目に登壇したジェニファー・グランホルム米エネルギー長官は、2030年までに太陽光発電価格を50%低下、蓄電池セルの価格を50%低下、そしてクリーン水素のコストを80%低下させる目標を表明した。グランホルム長官は、米ケネディ元大統領のアポロ計画になぞらえ、気候危機を解決することは「ムーンショット(実現すれば大きな成果が期待できるもの)」だと表現し、クリーンエネルギーへの移行によって2030年までにグローバルな市場規模が23兆ドルに達すると語った。

 

具体策は米国国内にとどまらない。米国貿易開発庁が主導する「気候スマートインフラのためのグローバル・パートナーシップ」(Global Partnership for Climate-Smart Infrastructure)も、気候変動サミット開催に合わせて立ち上がった。これは米国のクリーンエネルギー及び輸送ソリューションを新興国に提供するイニシアチブで、すでにインドやブラジル、インドネシアなどがプロジェクトに名を連ねている。気候変動対策への国際的な機運は、徐々に高まりつつある。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『米気候変動サミット「ムーンショット」は実現なるか?』を参照)。

 

(2021年4月27日)

 

田中 純平

ピクテ投信投資顧問株式会社 

ストラテジスト

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/1開催】希少な"FIT型案件”を限定公開「太陽光発電」投資の最新事情

 

【12/1開催】「立ち退き、賃料増額調停」のトラブル事例と対応のコツ<弁護士が解説>

 

【12/2開催】税務メリットとキャピタルゲインが狙える!小型航空機・ヘリ投資とは?

 

【12/2開催】プロでも間違えやすいグループ再編成を活用した事業承継のルールとは?

 

【12/2開催】2022年4月、東証の「市場再編」中小型株に生まれる投資機会とは?

 

【12/7開催】市場の変動に左右されず安定した収益を獲得するための 「ヘッジファンド」戦略

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

ピクテ投信投資顧問株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとしてセミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!