テスラのイーロン・マスクと、「GAFAトップ」の決定的な違い

M&A(会社の合併及び買収)アドバイザリーサービスだけでなく、M&A後の統合作業や組織再編、事業再生などのサービスを提供する株式会社すばる代表取締役の牧田彰俊氏が、テスラ社のイーロン・マスク氏を例に、起業と会社の売却を繰り返す「連続起業家」について解説します。

【無料】メルマガ登録こちら

日本でも増えている連続起業家って何だ?

連続起業家とはどういう意味でしょうか。それを説明する前に、「イグジット」について説明しておきます。イグジット(Exit)は「出口」という意味ですが、金融や投資の業界では、投資した対象を売却して投資資金を回収することを意味します。

 

そこで自己資金と労力を投じて会社を起ち上げた起業家が、M&Aでその会社(株式、または事業)を売却することを、イグジットと呼ばれます。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

またIPO(新規株式公開)は、既存の経営者がそのまま経営を続けることが普通なので、M&Aによる会社の売却とは意味が異なりますが、IPOにより起業家の保有株式価値が増大し、また、場合によっては株式市場などで持株のいくらかを売って現金化することも、やはりイグジットと呼ばれます。

 

いずれにしても、イグジットにより、起業家の手元には多額の資産が残ります。次に連続起業家の意味ですが、広義では「2回以上会社を創業している起業家」ということになるでしょう。ただし、この定義だと、含まれる範囲が広がりすぎて語義がぼやけてしまいます。

 

なぜなら、日本の多くの中小企業では、ある程度の規模になると主に節税的な観点などから子会社や関連会社を設立しますし、事業会社とは別に社長個人の資産管理会社をつくることも珍しくありません。

 

広義ではそのようなケースまで連続起業に含まれてしまうことになります。さらに、上場企業になれば複数の会社を起ち上げていないケースのほうが珍しいので、上場企業の創業経営者はほとんどが連続起業家ということになってしまいます。

 

ここでは、狭義の連続起業家として、「自分で起業した会社(または事業)をイグジットして、その売却資金を元手にして別の事業を興すという形で連続的に起業をして成功させている人」を指すことにします。

 

この場合のイグジットは主にM&Aが想定されますが、IPOでイグジットして、その後に創業企業の代表などを退任して、別会社を創業しているようなケースも含めてよいでしょう。もちろん、そのようにして起業とイグジットを繰り返す場合に、すべての会社、すべての事業を成功させることは難しいことです。

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

株式会社すばる
代表取締役
公認会計士 

有限責任監査法人トーマツ入所、各種業務の法定監査、IPO支援に携わる。その後、ファイナンシャルアドバイザリーサービス部門にてM&A アドバイザリー業務・財務デューディリジェンス業務・企業価値評価業務等に従事。組織再編によりデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に異動し、主に国内ミドルキャップ案件のM&Aアドバイザリーとして、豊富な成約実績を収める。
2018年、これまで以上に柔軟に迅速に各種ニーズに応えるべく株式会社すばるを設立。 2019年、M&Aクライアント企業やオーナーへのサービスライン拡充として株式会社保険のすばるを設立し、現在に至る。 2020年、新たな層の獲得のためYouTuber「M&Aの殿堂すばる」としても活動中。

著者紹介

連載売却と起業を繰り返し、自由と金を手にする

  • 【第1回】 テスラのイーロン・マスクと、「GAFAトップ」の決定的な違い
シリアルアントレプレナー 連続起業家

シリアルアントレプレナー 連続起業家

牧田 彰俊

幻冬舎MC

日本でも脚光を浴びつつある『連続起業家』という生き方。 150件を超えるM&Aのサポートをした著者が、連続起業家になるための失敗しない起業・会社売却の成功サイクルを解説する! 最近広く知られるようになってきた「連続…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧