なぜ保育士の処遇は改善されないのか…「暗黙のルール」に絶句

少子化問題が取り沙汰されつつも、日本の保育園需要は依然として高い水準を保っています。それと同時に、保育士の待遇の悪さや、保育業界の古い体質が問題視されています。この問題は多くの人が知るところですが、なぜ一向に改善が進まないのでしょうか。また、解決の糸口はあるのでしょうか。保育園ビジネスの実情を探ります。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

未満児(0~2歳)保育の利用者数が年々増加するワケ

大規模園が未満児保育に積極的ではない理由として収支が理由の一つに挙げられますが、1人の保育者がお世話できる0歳児3人の収入は、2019(令和元)年度の公定価格によると100名規模の大規模園が約51万円に対して、12名定員の小規模園なら約72万円です。これなら人件費などの諸経費を引いてもお金は残るでしょう。

 

小規模保育事業は、さまざまな理由で年度途中での転園、退園が少なくありませんが、それでも1年間を通じてなら安定的な利益を見込めると思います。

 

その理由が月齢と年度の問題です。保育所は一般的には6ヵ月以上のお子さんから預かります。したがって、4月1日の時点で6ヵ月に達していないお子さんは申請すらできないこともあります。

 

そうなると人気園は定員に達してしまいますから、そのあとに6ヵ月に達して、いざ、保育園に預けようとしても、受付終了となっていることは珍しくありません。結果、開園したてで知名度がまったくない状態でも、どこの園でもいいから子どもを預けたい保護者がいれば、自治体が受け入れを打診してきます。

 

いまでこそ第1希望に名前が挙がるようになった筆者たちの保育園も、初年度は、申請書類(第3希望まで記入できる)の欄外に第4希望として書かれてあった申込書を見て悲しかった思い出があります。もっとも、経営者的にはそんな感傷よりも健全運営ですから、第4希望でもなんでも入園してくれるならありがたいです。

 

このように、「認可」は、あくまでも保護者が自治体に申請して、自治体が入園先を決定しますから、広告宣伝費をかけて園児を募集するということはありません。そして、そこにニーズがあるからこそ、自治体は新しい保育所開設の申請を受け付けてくれるわけです。

 

筆者たちが最初の認可保育園を立ち上げた岐阜県美濃加茂市ではこの10年で未満児の通園率が倍以上になっていますが、だからといって子どもの数が10年で半分になったわけではありません。「少子化なのに保育園をやって将来はあるのか?」と心配されますが、未満児保育に限っていえば、利用する絶対数は年々増えています。

 

そして、既存の保育園は、面積基準、保育士の雇用人数の問題から容易に未満児の定員を増やすことはできません。ビジネス的にいえばニッチな領域なわけです。

 

筆者は、小規模保育事業は①保育士による園児への体罰、②保育園の管理体制の甘さによる重大な事故、③職員へのパワハラ・セクハラによる一斉退職、という誠意をもって運営していれば起きないような事態でしか危機的運営にはならないと思います。

 

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

株式会社Five Boxes 代表取締役

大学院卒業後、政治家を志す。自動車関連のフランチャイズに加盟したのち、学習塾の経営に乗り出す。岐阜県可児市に学習塾「想論館」をつくり、生徒7人のスタートから約1年で126人が通う人気塾へと成長させる。
2011年時点の生徒数は500人を超え、順調な経営の只中に東日本大震災が発生。これを機に政治家の夢に立ち返る。
2011年8月、岐阜県八百津町の町議会議員に立候補し当選、政治家としての職務に従事。社会福祉の古い体質や社会的弱者の現状に立ち向かう。
2015年9月の2期目スタート直後に、保育園統合問題が発生し、2016年1月に町長に立候補するも落選。経営者に戻る。
現在は、事業性をもって社会問題を解決する集団として「教育」「介護」「福祉」「育児」「生活」に携わる事業を岐阜県中心に展開。

著者紹介

連載安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営

河村 憲良

幻冬舎MC

保育園経営は企業の参入が難しいと思われがちだが、実際はそうではなく安定収益をもたらし、社会貢献もできるビジネスである。 なかでも小規模保育園なら、保育園業界に山積する問題を一挙に解決。 本書では開業の流れか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!