その他 経営戦略
連載安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営【第11回】

多くの人が誤解しがちだが…「私の方が働いているのに有休少ない!」という主張が、意外にも「見当違い」なワケ

保育園経営保育士有給

多くの人が誤解しがちだが…「私の方が働いているのに有休少ない!」という主張が、意外にも「見当違い」なワケ (※画像はイメージです/PIXTA)

企業による保育園ビジネス参入には、事業多角化による経営安定や子育て世代の女性従業員の定着など、数多くのメリットがあります。保育園の主役は当然ながら「子どもたち」ですが、保護者が安心してわが子を預けられる施設になるには、安定的な運営ができていることが大前提です。そのためには、経営者として現場スタッフの管理に最大限注意を払う必要があります。特にスタッフの「有給休暇」については、思わぬ誤認でトラブルになることも。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

経営者の仕事は「保育者を大切にすること」につきる

保育園は「子ども」が主役です。しかし、保育園の代表が子どもに意識をとらわれ過ぎるから保育士の待遇が改善されないのです。子どもを大切にするのは保育者の仕事であり、経営者の仕事は保育者を大切にすることなのです。

 

保育園では保育士こそ商品なのです。保育士がどれだけ若くても国家資格を所有する専門家であることに敬意を払いましょう。「〇〇ちゃん先生」などと呼ぶことは、筆者は感心しません。筆者の場合、すべての職員に対して敬語を使っています。

徹底した「雇用契約書の説明」でトラブル予防を

保育園のトラブルには、保護者からのクレームもありますが、保育園の運営を左右するトラブルは3つあります。


①保育士による園児への体罰
②保育園の管理体制の甘さによる重大な事故
③職員へのパワハラ・セクハラによる一斉退職


これらは、ほぼ人災といっても過言ではありません。

 

古い気質の経営者は、こうした問題を現場の保育士の責任にしてしまいますが、筆者は、職場環境の悪化が原因であり、悪化するような職場を構築した経営者の責任だと考えています。

 

日々のコミュニケーションも大切かもしれませんが、筆者は、雇用契約書の説明をしっかりすることが重要だと思います。むしろ、筆者は、園長以外の職員とほとんど会いませんし、話もしません。連絡があれば社内SNSを使用します。

 

筆者たちの保育園には毎年100人を超える保育士から応募がありますが、面接後と雇用契約書の説明後に辞退される方も少なくありません。よく、入社時研修で社内ルールを伝える会社がありますが、本来、契約後に従業員を制限するルールを言い出すのは後出しじゃんけんです。というよりも、従業員である以上は会社のルールに従うのが当然だというのは極めて古い価値観だと思います。

 

会社のルールを先に伝え、それに異議がなければ契約し、異議があれば契約をしない。契約とはそういうものだと思います。それに入社してからの研修は仕事ですから給料が発生しますが、契約前の説明に給料は発生しないという利点もあります。

 

保育園に限らず、どんな業種でも「面接のときに聞いていたのと違う」と従業員が思えば、会社に対する不信感は募るばかりです。

 

それは、経営者から見ればささいなことかもしれませんが、従業員にとっては、そのささいな内容が「この会社は約束を守ってくれないんじゃないか」と被害妄想のように大きくなってしまいますので、マイナス面こそ強調すべきだと筆者は考えています。面接に自社のパンフレットを使用し、PRをしてしまう経営者が多いのですが、マイナスの理由をしっかり説明することが大切です。

 

筆者が説明する内容を、具体的に紹介します。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社Five Boxes 代表取締役

大学院卒業後、政治家を志す。自動車関連のフランチャイズに加盟したのち、学習塾の経営に乗り出す。岐阜県可児市に学習塾「想論館」をつくり、生徒7人のスタートから約1年で126人が通う人気塾へと成長させる。
2011年時点の生徒数は500人を超え、順調な経営の只中に東日本大震災が発生。これを機に政治家の夢に立ち返る。
2011年8月、岐阜県八百津町の町議会議員に立候補し当選、政治家としての職務に従事。社会福祉の古い体質や社会的弱者の現状に立ち向かう。
2015年9月の2期目スタート直後に、保育園統合問題が発生し、2016年1月に町長に立候補するも落選。経営者に戻る。
現在は、事業性をもって社会問題を解決する集団として「教育」「介護」「福祉」「育児」「生活」に携わる事業を岐阜県中心に展開。

著者紹介

連載安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する小規模保育園経営

河村 憲良

幻冬舎MC

保育園経営は企業の参入が難しいと思われがちだが、実際はそうではなく安定収益をもたらし、社会貢献もできるビジネスである。 なかでも小規模保育園なら、保育園業界に山積する問題を一挙に解決。 本書では開業の流れか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!