連日の「新型コロナ感染拡大報道」で知る、「人や組織の思惑」

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、周知の事実や世の中の常識に囚われずに成功するための思考法を説いています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

ニュースの裏側には「誰が」いるのか?

新聞でもテレビでもネットでもよいのですが、ニュースを見たり聞いたりしたときに、あなたはどのようなリアクションをしていますか?

 

例えば、第3波の感染が急拡大して、二度目の緊急事態宣言が発令されたことが話題になりました。連日のように新規感染者が増えて記録更新したと報道しています。このニュースを見聞きしての反応は人それぞれだと思います。

 

心配性な人は「自分や家族が感染する危険が高まった」と感じて、外出を控えたり、マスクを忘れないようにしたりと気を引き締めたことでしょう。楽観的な人は「なるほど、ずいぶん増えたのね。でも自分の周囲には感染者は出ていないから大丈夫」などと聞き流すことでしょう。

 

数字に強い人は「日本の人口1億2650万人に対して、感染者数が累計で32万人ということは、感染率は0.25%に過ぎないし、感染者数に対する死亡者数の割合も約0.02%なのに、ずいぶんおおげさに騒ぐものだ」と感じたかもしれません。

 

これらはそれぞれリアクションが異なりますが、ニュースを真正面から受け止めて反応しているという意味ではすべて同じです。このように、ニュースをストレートに受け止めていては、話題にしても内容が深まりません。私は、ニュースを見るときに、常に「人」に変換して「洞察」しています。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

つまり、あるニュースを見聞きしたときに、そこで報道されているなんらかの事実にはどのような背景があるのか、どのような仕組みや構造で出来上がっているのか、また、テレビや新聞は数多あるニュースのなかで、なぜそのニュースを選んで報道しているのか、誰がそのニュースを選んでいるのか、それによって利益を得るのは誰か、などを考える材料にしています。

 

例えば、新型コロナウイルスの感染者数は事実ですが、人口比でいえばまだ大きいとはいえないその数字を大きく喧伝するのは、感染者が感染者を増やしていくウイルスの仕組みから、パンデミックが起きないよう、政府が予防的に警告を発している側面が大きいでしょう。

 

つまり、新型コロナウイルス関連のニュースは、ある意味では政府広報ともいえます。また、医療に従事している方々の疲労や病床数の逼迫なども盛んにニュースになっていますが、これも、十分な医療手当が受けられないかもしれないから、一人ひとりが感染予防に力を入れてほしいとのメッセージになっています。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧