ひとり暮らしの母親「突然倒れる前に出していた」意外なSOS

多くの家庭で、親の「老い」はいずれ直面する問題です。ファイナンシャルプランナー・安田まゆみ氏の『そろそろ親とお金の話をしてください 』(ポプラ新書)より年をとった親が出す、認知症のサインについて解説していきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

親の健康状態を把握しておくことの重要性

【親の「健康状態」を把握する】

 

終末期の医療や延命措置についての意向を聞くのも大事ですが、その前にいまの親の健康状態を把握しておくことも重要です。

 

体調はどうか、持病があるのか、病院へは通っているのか、どんな薬を飲んでいるのかなどを知ることはとても大切です。薬を飲んでいないまでも、家にサプリメントがいくつもあったら、健康について気になることがあるのかもしれません。

 

「こんなにたくさん飲んで、どうするの!」と責めるのではなく、「へえぇ、これって膝に効くのか〜。お父さん、膝が痛むの?」というように、健康状態を聞き出すきっかけにしましょう。

 

40代、50代の働き盛りは自分のことで手いっぱいかもしれません。ですが、親の健康状態を見逃すと、のちのちつらい思いをすることになります。

 

Fさん(40代後半・会社員)の話です。

 

ひとり暮らしの母親(78歳)が突然脳梗塞で倒れ、入院。命はとりとめたものの、意識障害があって、判断能力どころか会話もままならなくなってしまいました。

 

Fさん姉妹は会社員で、日中は勤めがあるため、退院後の自宅介護は無理。退院後に行くリハビリができる施設や介護施設を入院中に探さなくてはなりません。

 

入院時の保証金はとりあえず立て替えたものの、親のキャッシュカードの暗証番号も聞いていないので、親の預貯金が引き出せない状態が続きました。今後の医療費や介護費用は、ひき続き子どもたちが立て替えることに……。

 

こんな体験をされたFさんは、2人姉妹の姉のほう。姉妹は2人ともシングルでバリバリ働いていました。立て替え払いもいつかは限界が来ますので、結局、成年後見制度を利用することにしました。

 

後見の申し立てをするにあたり、必要な書類をそろえるのに3週間ほど。さらに、後見人の選任に2か月弱かかりましたが、何とか子どもが後見になることができ、親のお金を動かせるようになったのです。

 

\\10/2(土)開催//
フィリピン・シンガポールを活用した資産防衛術…世界の富裕層が実践する資産保全術を公開!

マネーセラピスト
ファイナンシャルプランナー
有限会社マイプランニングオフィス代表取締役
一般社団エンディングメッセージ普及協会代表理事
元気が出るお金の相談所所長 

大学卒業後、雑誌編集者を経て、外資系損害保険代理店に勤務。アメリカのリスクマネジメントを徹底的に学び1996年に独立、保険代理店「マイプランニングオフィス」を設立する。

自身の実父、舅の死や実母、姑の介護で「相続対策、財産管理の重要性」「介護に関するお金の必要性」を強く実感したことを機に、より有益でお客様の立場に立った情報を提供することを目指して、2012年に「元気が出るお金の相談所」、2013年に「一般社団エンディングメッセージ普及協会」を設立。

「お金の貯め方」から老後のお金の問題、介護や相続問題まで、クライアントの話をじっくり聴き、心に寄り添う独自の「マネーセラピー」を行ない、"相談すると元気が出る"と多くのファンを獲得している。これまでの相談件数は7000件以上、講演回数は1000回を超える。

著書、テレビ出演、雑誌インタビュー、寄稿も多数あり、毎週配信のメールマガジンや無料オンラインサロン「安田まゆみのここだけの話」、ブログ連載などで情報を発信中。



※安田まゆみの元気が出るお金の相談所
http://www.my-fp.net/

著者紹介

連載犯罪や税金から「親のお金」を守る方法

そろそろ親とお金の話をしてください

そろそろ親とお金の話をしてください

安田 まゆみ

株式会社 ポプラ社

離れて暮らす親の老いは、子どもにとって心配の種。 そのひとつに「お金」の問題があるが、親子の間でもお金の話はなかなか聞きづらく、つい先送りにしてしまっている人が多い。 だが、もし親が認知症になってしまったら、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!