4浪医学部受験生が授業を無断欠席…過保護すぎる母親の恐しさ

医学部受験専門予備校に通っていた4浪中(22歳)の学生は、他の生徒とのトラブルのせいで、少しずつ授業に来る回数が減っていました。心配した医学部専門予備校の長澤潔志氏が生徒の家に行き、顔つきを見てあることに気が付きました。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

頑張ってほしいと思ってかけた言葉が子供をダメにする

私は、彼の顔を見ながら、この子の親を想像しました。固定観念が強く厳しい父親と、その夫に追従しているが息子を溺愛している母親の姿です。

 

彼と世間話をしながら、徐々に彼の心をほぐすようにその生い立ちを話させると、やはり想像どおりの親でした。彼の頭の中では、父親からは厳しさだけを感じ、母親は優しいけれど、しつこさだけが残っているという状態でした。

 

結果論かもしれませんが、父親のいわば愛のない厳しさは冷血放任主義であり、母親の優しさとしつこさは溺愛過保護主義であって、どちらも子供の教育にはマイナスのものです。

 

具体的に言うと、父親は息子の成長過程を無視した発言を繰り返す人でした。

 

「お前みたいなやつは世間で通用しない」

 

親であるあなたも通用しない時期があったでしょう。なぜ現在の自分と比較するのですか?

 

「意志の弱いやつだ」

 

親であるあなたは最初から強かったのですか? いろいろな成長過程があったから、強くなったのではないでしょうか?

 

「お前の従弟のC君はA大学(必ず一流大学)に入ったぞ!」

 

比較して評価すること自体、完全な間違いで、言ってはならないことです。差別主義を植え付けるだけでなく、上には上があることも強調されるので、どこまでやっても劣等感を持つ大人に育つ可能性があるのです。

 

そうではなくて、「どこの大学がお前に合っているか、一度、お父さんと見に行こうか」くらいは父親として努力してもいいはずです。それが愛のある姿なのです。

 

根底に愛を感じてこそ真の厳しさとなるのです。間違ってもその時の気分で怒ってはいけません。怒れば、冷血放任主義のそしりを免れません。

 

父親も母親も、子供と正面から向き合っていない。本当につらいことです。でも、このようなことが何と多くあることでしょうか。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

医学部専門予備校・TMPS医学館代表取締役 

神奈川県出身。日本大学大学院修士修了。東京農工大学大学院博士課程を中退後、国立感染症研究所にて緑膿菌(病原菌)の研究に従事。
アメリカン・ソサエティ・オブ・マイクロバイオロジーなどに研究論文を次々と発表する。その後、大学・専門学校・予備校などで教鞭を執り、教師歴は30年以上。
現在、医学部専門予備校・TMPS医学館代表取締役として、その独特な教育法をもって、医学界に優秀な人材を送り込んでいる。
主な著書に『偏差値40からの医学部合格術』、『医学部一発合格! 直前1カ月集中勉強法』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『病態栄養学双書』(共著/第一出版)などがある。

著者紹介

連載医学部受験の闇とカネ

本連載は、『医学部受験の闇とカネ』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。なお本記事で紹介している内容は、著者の体験をもとに執筆しております。万一、本連載の記載内容により不測の事故等が生じた場合、著者、出版社はその責を負いかねますことをご了承ください。

医学部受験の闇とカネ

医学部受験の闇とカネ

長澤 潔志

幻冬舎メディアコンサルティング

講師歴30年の医学部専門予備校代表の長澤潔志氏が、実体験をもとに、合格率を偽って、「授業料を挙げる予備校」、「コネとカネがなければ合格できない推薦枠を設ける大学」、「指導力不足で受験生を浪人に導く高校」など、さま…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧