なぜiDeCoで「元本確保型」を選ぶと「元本割れ」するのか?

個人型確定拠出年金(通称「iDeCo(イデコ)」)は、毎月決まった金額を積み立てて自分で運用する私的年金です。今回は、iDeCoの金融機関選びのポイントの1つである手数料に着目し、「元本確保型商品」を選ぶと元本割れしてしまう理由について、株式会社WealthLead(ウェルスリード)代表取締役シニア・プライベートバンカーの濵島成士郎氏が解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

金融機関選びでは「商品の種類」と「手数料」を意識

iDeCoの金融機関は慎重に決める必要がある(※写真はイメージです/PIXTA)
iDeCoの金融機関は慎重に決める必要がある(※写真はイメージです/PIXTA)

 

iDeCo(イデコ)は、全国74の金融機関で取り扱いがあります(2020年8月時点)。しかし、金融機関によって商品ラインナップや手数料が異なります。iDeCoは1人1口座しか持てないので、金融機関選びはとても大切になります。

 

金融機関選びのポイントは、次の3つです。

 

●商品ラインナップ

●手数料

●サポート

 

ここでは、「商品ラインナップ」と「手数料」について解説します。

 

主な金融機関の商品ラインナップをまとめたのが、[図表1]です。岡三証券では41本、SBI証券では38本(オリジナルプラン)と37本(セレクトプラン)の取り扱いがあります。

 

※現在は新規受付を停止

 

[図表1]主な金融機関のiDeCoの取り扱い本数

 

商品ラインナップはiDeCoの金融機関選びで最も大切なことですが、本数が多いだけではいけません。ポイントは、次の3つです。

 

●低コストで優良な商品があるかどうか

●自分が積み立てたい商品があるかどうか

●商品のカテゴリーが充分かどうか

 

商品のカテゴリーには、大きく分けて「元本確保型」と「元本変動型」があり、主な商品は次の[図表2]の通りです。

 

[図表2]iDeCoの商品カテゴリー

 

なお、金融機関によっては元本確保型の商品やREITの取り扱いがない場合もあります。そのため、自分が積み立てたい商品があるかどうかに注意しましょう。

 

次に、iDeCoの金融機関を選ぶ上での手数料についてです。iDeCoは長期で老後の資金を積み立てていく制度なので、信託報酬などの運営管理費用が低い商品を選ぶほうが有利なことが大前提です。

 

実は、iDeCoは手数料が高いのがデメリットで、[図表3]のように、事務手数料に毎月105円かかり、国民年金基金連合会に支払います。また、資産管理手数料は毎月66円を信託銀行に払います。さらに、運営管理手数料は金融機関によって異なりますが、高いところは毎月458円かかります(無料もあり)。

 

[図表3]iDeCoで毎月かかる手数料

 

iDeCoの掛金の上限が23,000円の会社員の場合、毎月の掛け金が5,000円でも23,000円でも手数料は毎月171円~629円かかるので、掛金は上限金額に近いほうがお得になります。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

株式会社WealthLead
代表取締役
シニア・プライベートバンカー

1965年神戸市生まれ、千葉県松戸市出身。小学2年生から國學院高校時代までは剣道、信州大学経済学部入学後は夏のバイク、冬のスキーに没頭。

1988年4月、新日本証券(現みずほ証券)入社。生まれ故郷の神戸支店を皮切りに営業店、本社営業企画部門と人事部門、グループ会社での金融プロフェッショナル教育に従事。横浜西口支店等、4店舗の支店長も務める。

2度の合併(2000年新光証券、2009年みずほ証券)はあれど、30年に渡る証券マン人生の大半を富裕層個人と中小企業の資産運用、M&A、IPOに携わる。

駆け出しの頃に飛び込みで開拓したお客さまが後年上場を果たし、そのカッコいい姿を見て「いずれ俺もああなりたい!」と起業を夢見るようになる。

2011年の東日本大震災を目の当たりにして、「やりたいことに挑戦しないまま死んだら絶対に後悔する!」と若いころからの夢である起業を決意。2017年12月末みずほ証券を退職、2018年3月、53歳の時に創業。

全国205名(2021年3月現在)しかいない、日本証券アナリスト協会認定シニア・プライベートバンカー。YouTube『富に導くFAチャンネル』も運営している。

著者紹介

連載豊かな老後を過ごすための「資産形成術」

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧