色覚検査の絵に「謎の数字、色合い、ドット柄」が使われるワケ

「色覚異常」とは、色を認識する力が弱い症状のこと。「色を判別しずらい」という人がほとんどです。とはいえ日常生活において不便を強いられることに変わりはありません。色覚異常の有無によって、色の見え方はどのように変わるのでしょうか? シミュレーションしてみましょう。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

軽度でも「色の見え方が違う」という状態は極めて不便

先天色覚異常であっても、その見え方を理解しておけば、本人もその家族も間違いやすい色について注意を払うことができ、日常のトラブルを回避することができるので、安心してください。

 

家族としては、そもそも先天色覚異常の人は、どんな色をどんな時に間違えるのかをある程度知っておくと、より色覚異常の人の生活を支えやすくなります。

 

本人が口にはしなくても苦労し、劣等感を抱えて生きていかなくても良いようにするためには、学校における初期教育が重要で学校の先生には特によく理解してもらう必要があります。

 

だからこそ、せめて小学校に上がる前に、色覚検査を受け、色覚異常に気づいてほしいのです。小学校に上がる前でも、強度の色覚異常は検査によってわかります。

赤とオレンジ、緑と黄緑はどれほど「似た色」か?

色覚異常を抱えた人の正確な感覚はわかりませんが、色に対する傾向に関しては、患者さんに共通していえることが多くあります。

 

いくつかの色を並べて、似ている色と似ていない色に分けてもらうと、正常な人と先天色覚異常の人では分け方が明らかに異なります。たとえば、赤と橙、緑と黄緑という似た色を見せると、正常な人はその通りに区別しますが、先天色覚異常の人のほとんどは、赤と緑、橙と黄緑という分け方をするのです。

 

図表1は、正常な人の色覚をマンセルの色相環を使って表したものです。黄色と青紫、緑と赤など、距離が遠いほど異なる色と認識しやすい「反対色」となります。

 

[図表1]「正常色覚の見分け方」をマンセルの色相環で表現すると…

 

ところが、先天色覚異常の人では、この円が図表2のような楕円になり、強度であるほど円が細くなります。細くなれば、遠い位置にあったはずの赤と緑の距離が近づくことになります。

 

[図表2]「色覚異常の見分け方」をマンセルの色相環で表現すると…

 

近い距離になるということはすなわち、異なる色として認識しづらいことを意味しており、この楕円状で近づいた横方向の色を「混同色」と呼びます。より具体的にいえば、黄緑と橙、緑と赤、青と紫などです。

濃淡、サイズ、明るさによっても「色の判別」が困難化

混同色は先天色覚異常の人にとってとても見分けにくい色であり、その色が薄かったり(彩度が低い)、暗かったり(明度が低い)するとさらに見分けることが困難になります。

 

こうした傾向を踏まえ、色覚検査表というものはどれも混同色の理念にもとづいて、さらにトリックを施し、色覚異常の人に見えにくいように作られています。

 

最もポピュラーな検査表のひとつである「石原Ⓡ色覚検査表」を例にとって説明すると、たとえば図表3では、数字が橙色、背景が黄緑で、どちらも濃淡のある大小のドットでできており、そこに数字とも背景とも関係のない青のドットが散らしてあります。

 

※こちらの表はサンプルです。このサンプル表での色覚検査は行えません。 ※出典:(公財)一新会、「石原®色覚検査表」より
[図表3]石原Ⓡ色覚検査表 ※こちらの表はサンプルです。このサンプル表での色覚検査は行えません。
※出典:(公財)一新会、「石原®色覚検査表」より

 

正常色覚では橙色と黄緑がはっきりと区別できるので、ドットの濃淡や青のドットで邪魔をされても、そこに描かれている数字を読むことができます。しかし色覚異常だと、橙と黄緑がよく似て見えるので、濃淡や散らばった青のドットに惑わされ、数字を読むことが難しくなります。

 

先天色覚異常のほとんどは、赤色の判別がしにくい「1型」と、緑色の判別がしにくい「2型」で、この両者は色間違いのパターンはほとんど同じですが、赤色の見え方には大きな違いがあります。

 

1型の人では、赤い色や光を、大変暗く感じています。スペクトルで考えると、長い波長に対しての感度がかなり悪いということになります。

 

この特性により、信号灯の赤やテールランプが見づらいということが起きます。ただし赤が見えないわけではなく、暗く映るため見つけ出すのが正常な人よりも遅くなると考えられます。

 

直径1.5ミリの円状に切った小さい赤い色紙を、白い紙の上に貼って見せ、その色を答えさせるという実験では、1型色覚のほとんどすべてが、灰色か黒と答えました。対象物が小さいとさらに、赤色がわかりづらくなります(⇒【画像:1型、2型…色覚異常がある場合「赤いチューリップ」はこう見える】)。

 

その他に、灰色と、赤および青緑や、赤と黄色と緑の区別もつきづらく、明るさを同じにするとよけいに混同してしまいがちです。

 

反対に2型色覚では赤い色を暗く感じてはいません。

 

1型色覚と2型色覚との共通点は、赤と黄色と緑の区別がつきづらいことです。簡単な検査だけでは両者の区別がつきづらいことから、ひとまとめで「赤緑色盲」などという総称で呼ばれていました。現在では、正確な検査法ができたことから精密検査を受ければ、両者を分離することは100%近く可能になりました。

 

家族がこうした傾向を知っておくことで、たとえば家の中にあるものの色を見えやすいように変えたり、区別しづらい色の服を着なければならない時にアドバイスしたりといったサポートができます。また本人も色覚異常を自覚することで正常者に聞くという習慣がつきます。それにより、日常生活のトラブルもまた、未然に防ぐことができるはずです。

 

 

市川 一夫

日本眼科学会認定専門医・認定指導医、医学博士

 

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

年収1200万円の場合、リタイアまでいくら必要?(※医師限定記事)

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

株式会社中京メディカル 代表取締役 日本眼科学会認定専門医・認定指導医
医学博士

1978年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年、名古屋大学大学院医学研究科博士課程外科系眼科学修了。社会保険中京病院眼科医長、主任部長を経て現在眼科顧問。眼科医療の世界では一人の医師が行う白内障治療手術の平均が年間200~300眼程度とされる中で、今でも年間3,000眼以上を執刀し生涯執刀数は80,000眼を超える。

94年、中京病院を中核とするクリニックグループを支援する株式会社中京メディカルを設立し眼科専門医の指導育成にも尽力する。ライフワークともいえる色覚研究歴は42年。83年より白内障治療における色覚の補正に着目し、世界初の着色眼内レンズを開発して商品化する。

92年、米国ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)のフィルムフェスティバルにて“Natural View IOL(NV-IOL)and chromatopsia”(着色眼内レンズ)の題名で1st prizeを獲得。92年から日本臨床眼科学会にて色覚インストラクションコースを担当。2020年から公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会の理事長に就任。現在色視力の測定装置を開発し、色視力の普及にも尽力している。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)理事長/ヨーロッパ眼科学会(ESCRS)会員/アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員/アメリカアカデミー眼科学会(AAO)会員/日本産業・労働・交通眼科学会理事/日本眼科学会専門医制度認定指導医/日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人/中京グループ会長/医療法人いさな会中京眼科視覚研究所所長/JCHO中京病院眼科顧問

著者紹介

連載知られざる色覚異常の真実

※本連載は市川一夫氏の著書『知られざる色覚異常の真実』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

知られざる色覚異常の真実 改訂版

知られざる色覚異常の真実 改訂版

市川 一夫

幻冬舎メディアコンサルティング

先天の色覚異常も、加齢による色覚異常も、この一冊で正しい知識と対策法を身につけましょう! 普段私たちが何気なく見ている「色」ですが、実は人によってとらえ方が違います。なかには、生まれつき特定の色を判別しづらい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧