2020年、新型コロナの感染拡大で世界の自動車産業も大きな打撃を受けた。ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字を計上するなか、トヨタ自動車は2020年4月~6月期の連結決算(国際会計基準)では、当然のように純利益1588億円の黒字を叩き出した。しかも、2021年3月期の業績見通しは連結純利益1兆9000億円と上方修正して、急回復を遂げる予想だ。トヨタ自動車はいったい何を行ったのか、そして命運を分けたものは何だったのかを連載で明らかにする。本連載は野地秩嘉著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

「私たちにとって危機は変化のひとつ」と考える

こうした状況のなか、トヨタの対策チームは動いた。主な担当の人間は次の通りになる。

 

生産部門のトップは執行役員でチーフ・プロダクション・オフィサーの友山茂樹。

 

実際に現場を仕切るのは「トヨタの危機管理人」朝倉正司。朝倉は生産本部とTPS本部の本部長だ。TPS(Toyota Production System)とはトヨタ生産方式のことで、同社の改善、原価低減のツールである。

 

朝倉を助けるのがTPSを同社の内外に広める生産調査部のトップでTPS本部副本部長の尾上恭吾。

 

さらに、現場一筋の男、チーフ・モノづくり・オフィサーの河合満は危機になると現場の精神的支柱として生産現場(工場)を見回る。

 

本連載は主に、この4人と、TPS本部出身で現在は情報システム本部長の北明健一に取材した。

 

加えて、トヨタの生産現場の保全を担当する男たち、岡崎弁丸出しの上郷工場長、斉藤富久、同工場の土屋久、保田浩生、高橋洋一。また、牛島信宏(生産調査部)、泉賢人、八尋新(ITマネジメント部)にも話を聞いた。

 

友山は「トヨタでは危機を次のように理解しています」と語る。

 

「私たちにとって危機は変化のひとつです。しかも、大きな変化のことです。ですから、災害でも、リーマン・ショックのような経済危機でも、そして、今回のような感染症による危機でも大きな変化が来たと認識して、対応すればいい。

 

私たちはトヨタ生産方式(TPS)にのっとって仕事をしています。TPSが真価を発揮するのは、世の中が大きく変化する時なんです。環境の変化に柔軟に迅速に対応する方式ですから、日頃、やっている仕事の仕方が問われると思っています」

 

危機管理とは、すでに起こってしまった災害などのトラブルに対して、事態が悪化しないようにマネジメントして復旧を目指すことだ。

 

一方、リスク管理という言葉がある。こちらは、起こりうる災害などのトラブルに備えておくための活動をいう。

 

友山の説明によれば、トヨタではトヨタ生産方式を利用して平時のリスク管理を行い、危機が来ると、同方式の延長線上の行動を起こす。危機管理、リスク管理の双方に同方式が活用されている。

あなたにオススメのセミナー

    トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

    トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

    野地 秩嘉

    プレジデント社

    コロナ禍でもトヨタが「最速復活」できた理由とは? 新型コロナの蔓延で自動車産業も大きな打撃を受けた―。 ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字となる中、トヨタは当然のように1588億円の黒字を達成。 しかも、2021…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ