生まれつきの色覚異常がない人でも、80歳までにはほとんどの人が色を見分ける力が低下するという事実をご存じでしょうか。研究によると、この「加齢による色覚異常」は20代からはじまっていることが判明しています。「見え方」がどれだけ変化していくのか、データとシミュレーション画像とともに解説。

毎年の視力検査が「実はアテにならない」理由

眼科の世界では、視覚は、形態覚、色覚、光覚に分かれます。このうち形態覚は物体の形状や存否を認識する機能で、その鋭さの程度をあらわすのが視力です。つまり視力とは色覚とは別のものと考えられてきました。

 

そのため、視力を測る際に使うランドルト環は、白黒で表示されて形態覚をあらわします。しかし、実世界で白黒であらわされるものは本や雑誌の文字しかありません。多くのものは色であらわされています。

 

つまり、日常でよく見ている「色のついた視力表」で形態覚を測らなければ、視覚が正しく測れているとはいえないと思います。

20代から「色を見分ける力」が確実に低下

そこで私は「色の視力」を測る方法を考えました。その方法はランドルト環や背景を着色して検査するものです(図表1)。白の背景に着色したランドルト環を配置した検査表と、背景の色をランドルト環の色と同じ明るさ(明度)のグレーにした検査表を用意します。

 

※詳細は後述
[図表1]色視力表

 

白の背景の場合は、どの色のランドルト環でも白黒の検査表と同じ結果が出ますが、グレーの方ではランドルト環の色によっては極端に見え方が悪くなります。この検査を「色視力検査」と名付けました。この色視力検査では特に、加齢による色覚異常がよくわかります(⇒【画像:背景色が変わると、「見え方」もこれだけ変わる】)。

 

私が実施した視力検査で、視力1.0を保っている80代の人たちに色視力を検査したところ、非常に興味深い結果が出ています(図表2)。

 

[図表2]正常者の色視力加齢変化

 

80代で白内障手術を受けずに視力1.0というのは、いわば視力のトップエリートです。周囲にもなかなかいないほどの視力の持ち主といえます。しかし色視力を測定したところ、その平均はなんと0.2。もはやいくつかの色を判別できないほど衰えていたのです。

 

この検査からわかることは、いくら視力が良くても加齢による色覚異常は年齢とともに起こるものであるということです。むしろずっと視力がいい人の方が、自分の目への過信から色視力の衰えに気づかないといえるかもしれません。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月13日(土)開催
必見!不労収入100万円の作り方
<創業35年>トーシンパートナーズが伝授
基礎から学ぶ「ワンルームマンション投資」

 

【海外不動産】4月17日(水)開催
利回り7%、値上がり率60%超の投資案件も!
世界の富裕層が熱視線を送る
「ドバイ不動産」最新・投資戦略

次ページ色覚低下のサイン…「こんなこと」はありませんか?

※本連載は市川一夫氏の著書『知られざる色覚異常の真実』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

知られざる色覚異常の真実 改訂版

知られざる色覚異常の真実 改訂版

市川 一夫

幻冬舎メディアコンサルティング

先天の色覚異常も、加齢による色覚異常も、この一冊で正しい知識と対策法を身につけましょう! 普段私たちが何気なく見ている「色」ですが、実は人によってとらえ方が違います。なかには、生まれつき特定の色を判別しづらい…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録