1か月で50万円の差…退職のベストタイミングは64歳11カ月

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。定年後の避けては通れない課題は「お金」「健康」「生きがい」。これが定年後の3大リスクです。この「3大リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきます。本連載は長尾義弘・福岡武彦著『定年の教科書 お金 健康 生きがい』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

「特別支給の老齢厚生年金」の繰り下げ需給はできない

年金を65歳以前に受け取れるのを知っていますか? しかもこの年金を受け取る手続きを忘れてしまうと、年金が消えてしまうのです。それが「特別支給の老齢厚生年金」です。

 

男性ならば、1961年4月1日以前に生まれた人、女性ならば1966年4月1日以前に生まれた人は、65歳より前に、「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます。受給資格は、1年以上、厚生年金に加入したことがある人です。

 

1985年に、年金制度の大きな改革がありました。

 

それまでは、国民年金、厚生年金、共済年金がバラバラの年金制度でしたが、それを一つにまとめて新たな年金制度ができました。

 

国民年金は、もともと加入期間に応じて年金額が決まる定額制度でした。それを厚生年金、共済年金も、1階部分として国民年金を採用して、すべての年金のベースが定額制である基礎年金に統一されたのです。

 

このときに、厚生年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられたのです。その移行を段階的にすすめるために設けられた制度が「特別支給の老齢厚生年金」です。

 

 

「特別支給の老齢厚生年金」の手続きをしないのは損!

 

下の表でわかるように、生まれた年によって、支給開始が違ってきます。

 

公的年金は、繰上げ受給や繰下げ受給ができますが、この「特別支給の老齢厚生年金」は、繰下げ受給はできません。

 

老齢年金と同じように「繰下げ受給をすると増える」などと勘違いして手続きをしないと、そのまま消えてしまいます。ですので、必ず請求をしてください。

 

請求をしていない場合には、すぐに手続きをしてください。年金の時効は5年です。

 

年金をさかのぼって請求できるのは5年分まで、それを過ぎてしまった場合は、権利が消滅してしまうので注意してください。

 

「在職老齢年金」で、年金が削られるのは避けられない?

 

「特別支給の老齢厚生年金」があるので、65歳より前に繰上げ受給以外に年金を受け取れる人もいるのですが、残念ながら場合によっては年金が受け取れないかもしれません。

 

「えっ、さっきの話と違うのでは?」と思ってしまうでしょうが、厚生年金に加入しながら働いていると年金がカットされる「在職老齢年金」という制度があるのです。

 

この「在職老齢年金」は、65歳未満と65歳以上では、少し異なります。

 

まず、65歳未満は、給与と年金の月額合計が28万円を超えた場合、年金の一部または全額がカットされます。65歳以上だと、給与と年金の月額合計が47万円を超えた場合、年金の一部または全額がカットされます。

 

これによって、65歳未満の会社員の多くは、せっかくの「特別支給の老齢厚生年金」を満額受け取れないことになっています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】4/21(水)開催
「日本一富裕層に詳しい税理士」による2021 節税対策 
~今知っておくべき、令和3年度税制改正の実態~
詳しくはこちら>>>

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

著者紹介

株式会社ライフエレメンツ代表取締役
税理士

大前研一氏が設立した起業家・アントレプレナー育成学校アタッカーズ・ビジネススクールを経て、以来30年以上にわたってアントレプレナー支援、インバウンド税務会計に携わっている。大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資金融企業勤務を経て三聖トラスト会計事務所を設立。法人向けサービスとして、各分野の辛口の専門家をタレント化するプロダクション部を設ける。また、福利厚生や社員研修の一環として、オンデマンド研修、ビデオコンテンツ制作等をおこなうWEBライブイルミネーター事業を展開している。

著者紹介

連載定年後は余生ではない…愉しい老後ライフを手に入れる心構えと知恵

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧