「終活」流行のリアル…日本人の97.3%が実践していないこと

2025年には、65歳以上の人口が国民全体の30%になることが見込まれています。それに加えて、日本社会では、後期高齢者の人口増加が最大の課題になっています。見送る家族が高齢者と共に最高の最期を迎えるためにはどうすればよいのでしょうか。本記事では、日本人の2.7%しか実践していない「終活準備」について見ていきます。

死を「忌むべきもの」と考える日本文化の懸念点

私たち生きている人間が、自分自身で一度も経験したことのない「死」を考えることは、確かに簡単ではありません。

 

率直にいって自分の存在がなくなるのは「怖い」ことでしょうし、身近な人との別れを想像すれば「悲しい」「つらい」など、ネガティブな感情が一気に押し寄せてきます。人によっては気分が落ち込み、ふさぎこんでしまう人もいるかもしれません。

 

私自身も、以前から医療・介護関係者や一般市民を対象にした講習会・セミナーで「死について考えよう」という提案をしていますが、どうしたら少しでも明るく考えられるか、心理的なダメージを与えずに話ができるかと、いつも思案しています。

 

ただそれ以前に日本人の場合、国民全体として「死」から目を背けてしまう、「死」を考えずに済むようにフタをしてしまう、そういう意識を強く感じます。

 

命を救うことだけに邁進し、本来どんな人も避けられないはずの死について一切学ぶことのない医学教育もそうですし、国民一般にも「死について語るのはタブー」という感覚が心の奥底に染み付いているようです。

 

それがどこから来ているのかと考えると、これは前著でも書きましたが、やはり戦争の影響は無視できないと思います。第二次世界大戦で300万人を超える尊い命が失われ、その反省として、命はかけがえのない何よりも大切なものであり、社会的にも命を守ることだけが最重要事項と考えられるようになったのだと思います。

 

先日も日本科学史家・科学哲学家の村上陽一郎氏が、同じようなことを指摘している新聞コラムを目にしました(〈 〉内は筆者注釈)。

 

 

「我々の社会は、『死』を如何に身近に感じ得るか、という点で、準備が少なすぎるのではないか。」─村上陽一郎

 

「〈コラム筆者の解説〉戦時下、人命が余りに軽んじられた反動で、命の『至上の価値』を唱えるうち、日々死の脅威に晒されている人々を支える体制も手薄になっていたと、科学史家は憂う。この社会は『隣にいる成員が日々次々に死んでいく社会』でもあるのに、その過程に人は子細に目を向けていないと。」

(『中央公論』2020年7月号「近代科学と日本の課題」より)」

 

 

また先日、たまたまテレビで葬式の作法について特集している番組を見ました。葬式では死を直接的に想像させる言葉は「忌み言葉」として避けられること、また「死=穢れ」であり、穢れを浄化するのが清めの塩であるといった内容が話題になっていました。

 

あとで気になって少し調べてみると、死を穢れととらえるのは仏教ではなく、もともとは神道の観念のようです。

 

仏教は本来この世とあの世、すなわち生と死を連続したものととらえており、輪廻転生のなかで成仏する(仏になる)ことが説かれます。一方の神道は、疫病や死、血などを「穢れ」とみなし、亡くなった本人だけでなく家族もしばらくは神社(神域)に立ち入れないとか共同体の祭事に参加できないなど、死そのものを忌避する性質が強いようです。

 

日本人の場合、仏教と神道がさまざまに融合して文化として根付いているので、意識の底流にはこうした観念があるのかもしれません。

 

終末期医療や臨床死生学の専門家である会田薫子氏は、著書のなかで死を「縁起でもない」こととして避ける心理は日本だけでなく、欧米の中国系の人たちの間でも見られるとして次のように記しています。

 

 

「こうした感覚は日本人だけでなく、英米では特に中国系住民でもしばしばみられるという。『言霊』に内在する力を信じ、『口に出したことは現実化する』という伝統的な考え方を有する人々にとっては、病態の悪化や生き終わり方に関する話し合いは文化的に障壁が高いといえるので、コミュニケーションには工夫を要する。」

(会田薫子著『長寿時代の医療・ケア─エンドオブライフの論理と倫理』より)

 

 

この「言霊」も神道に由来するもののようですが、ときに病状が進行するほど親族間で「縁起でもないことを言えない」ムードが強くなるケースがあるのも、事実だと感じます。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

医療法人社団弘惠会杉浦医院 理事長

1988年、千葉大学医学部卒業。
千葉県救急医療センターに勤務後、千葉大学医局研修を受け、千葉大学大学院で医学博士号取得。
大宮赤十字病院に勤務し、2003年より医療法人社団弘惠会杉浦医院院長、2004年より同医院理事長。
日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント取得。埼玉県立大学にて講師を務めている。
大学卒業以来25年にわたり高齢者医療に携わっており、地域医療を充実させるために末期癌患者への在宅医療も行う。
著書に『死ねない老人』(幻冬舎メディアコンサルティング・2017年)がある

著者紹介

連載後悔せず見送るために実践すべき「家族の終活」

続・死ねない老人

続・死ねない老人

杉浦 敏之

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな人でも懸命に生きたその先に、必ず死を迎える。 大切な人生の終わりを“つらい最期"にしないために何ができるのか――。 「死」を取り巻く日本の今を取り上げつつ、 自分の最期をどのように考え、誰にどう意思表示…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧