うらやましい…高金利ローンでも「儲かる」医師の賃貸経営

高給職の代表格・医師。平均年収は1200万円、生涯収入に換算すると約4億円です。しかしこれだけ稼いでいても、貯蓄だけでは安泰の老後生活を営むことはできません。さらに言えば、超低金利の時代において銀行口座に預けっぱなしの預金は「資産の持ち腐れ」でしかないのです。ここでは「医師なら融資ありきで不動産投資を行うべき」納得の理由を解説します。

高金利でも「間違いなく有益」なアパートローン

金融機関から融資を受ける際は、ローンを組む本人の属性だけでなく、融資対象となる物品(不動産など)も評価の対象になります。投資用不動産購入のためのローン審査において、金融機関の物件評価方法とはどんなものなのか、そして医師が融資を受けるメリットとは何なのかについて説明します。

 

投資用不動産向けの融資「アパートローン」は、住宅ローンと比較して金利が高いため一見不利益に感じられます。加えて「全額自己資金で買えるのに、なぜ?」と思われるかもしれません。しかし投資家目線で考えると、不動産購入の際は融資を受けたほうが間違いなく有益なのです。

 

たとえば3000万円の投資用不動産(利回り7%)を自己資金1000万円、残りの2000万円をアパートローン(固定金利2%・返済期間25年)利用で購入したとします。家賃収入は年間210万円(3000万円×7%=210万円)、ローン返済額は年間102万円になり、家賃収入からローン返済額を引いた108万円が1年分の利益となります。

 

この利益を購入時の自己資金1000万円で割り戻すと実質的な利回りは10.8%(108万円÷1000万円×100=10.8%)となり、全額自己資金で購入した場合より利益率がアップします。これが融資利用による「レバレッジ効果」です。

融資審査における唯一の注意点は「不動産の属性」

金融機関の融資審査では、不動産を購入する投資家本人の属性はもちろん、購入予定不動産も同様に評価の対象となります。購入者の属性評価では「勤務先」「勤続年数」「年齢」「収入額」「金融資産」「居住地エリア」などが見られますが、個人属性ランキング上位にある医師の場合は何の心配もいりません。

 

問題は購入する不動産の属性です。融資審査における不動産評価は「積算評価法」と「収益評価法」という2つの観点から見られます。それぞれで算出した査定値を比較し、評価が低かったほうの結果を参考に最終的な融資金額が決定されます。

 

●積算評価法:

積算評価法は土地の価格と建物の現在価格を算出し、その合計額の70%程度を融資評価額とする方法です。土地評価額は路線価に土地面積を掛けて算出されます。一方、建物評価額は再調達価格に建物延べ面積と法定耐用年数から築年数を引いたものを掛け、法定耐用年数で割ったものです。

 

再調達価格は建築方法によって各金融機関であらかじめm²単価が決まっています。たとえば鉄筋コンクリート造なら20万円/m²、鉄骨造は18万円/m²、木造は16万円/m²程度が目安となります。

 

●収益評価法

収益物件からのキャッシュフローを借入れ返済原資として融資金額を決定する方法です。家賃収入に空室率を掛けた金額から、経費、固定資産税、銀行返済額などを引いて算出します。この場合、利回りが低い物件だと融資金額が希望より低くなることや、または融資自体が受けられないこともあります。

医師の特権…こんなにある「銀行以外」の融資窓口

医師にとって資金調達先は銀行だけではありません。医療業界団体や行政機関などからも比較的低金利で融資を受けることができます。医師向けの融資はクリニック新規開業資金を想定したものがメインですが、既存建物の増築・改築のための融資制度もあるので、もともと投資用に所有していた建物をクリニックに改装する場合でも相談可能です。

 

【都道府県医師信用組合】

●融資名:一般資金

●対象者:医師会の会員(融資利用時に組合加入義務有り)

●対象施設等:設備・運転資金などあらゆる資金に利用可能

●限度額:(無担保の場合)8000万円

●利率:0.400%~2.800%(2021年2月現在)

●貸付期間:設備資金等は35年以内、運転資金等は7年以内

※上記は神奈川県医師信用組合の例

 

【独立行政法人福祉医療機構】

●融資名:医療貸付事業

●対象者:病院又は診療所を開設する個人、医療法人など

●対象施設:一般診療所、歯科診療所など医療施設の新築・増築資金に利用可能

●限度額:融資の対象や資金種類等によって異なる

●融資利率:0.208%~1.200%(2021年2月現在)

●貸付期間:30年以内

 

【株式会社日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)】

●融資名:一般貸付

●対象者:事業者(ほとんどの業種が利用可能)

●対象施設等:事業資金等

●限度額:4800万円

●利率:0.300%~2.900%(2021年2月現在)

●貸付期間:20年以内

 

<まとめ>

金融機関から融資を受けるとなると「審査がシビアで時間や手間がかかるのでは」と不安になるかもしれません。しかし金融機関はお金を貸すことがメインビジネスですから、「属性の良い人にならすぐに貸したい」と考えています。

 

融資を受けるためのフローもそれほど複雑ではありません。まず申請書類を提出します。次にその書類をもとに担当者からヒアリングされます。このヒアリングは「本人審査」ではなく、融資に有利となるようなプラス材料をより多く聞き出すためのものです。

 

金融機関の担当者は「この人にどれだけ多く融資できるか」と前向きに動いてくれますから、「借りられない」という心配は一切不要です。逆にもっと攻めに出るべきで、「自分にとってどの金融機関が得なのか」という視点で相手を選別するくらいの強気で問題ありません。

 

投資において重要な金利と融資期間を比較検討し、もっとも好条件な資金調達先を選びましょう。

 

 

大山 一也

 

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

 

【医師限定】勤務医のための「はじめての不動産投資」

 

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

株式会社トライブホールディングス 代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

【医師限定】不動産投資セミナー:https://gentosha-go.com/ud/seminar/id/5f20c5757765611528000000

著者紹介

連載医師の資産形成は「不動産投資」が最適解である30の証拠

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧