株式、FX…「投機的な買い方」で儲かる金額と恐ろしいリスク

いま、自分の老後生活が気にならない日本人はいないでしょう。資産形成への関心が高まったことから、「お金儲けの話は卑しい」という意識が薄れ、貯蓄以外の資産運用に対する抵抗感が薄れてきました。実際にどのような資産運用に取り組むかは、プロの意見を聞きながら決めるのがベストですが、どのような選択肢があるのかは事前に知っておいたほうがいいでしょう。今回は、本業がある人でも比較的手軽に始められる投資のうち「株式」と「FX」について、そのメリットとデメリットを解説します。

🔥HOT「老後資産2000万円以上」達成‼
【消防士限定】不動産投資セミナー は>>
コチラ<<

 

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

何と言っても「大きな利回りが期待できる」株式の魅力

「投資といえば株式」と思う人は多いはずです。株式は、それほど一般的に知られた投資対象といえます。

 

メリットとして挙げられることは複数ありますが、まずはその人気ゆえの情報量の多さでしょう。ネット環境さえあればヤフーファイナンスをはじめ、さまざまなポータルサイトでも情報収集ができますし、専門誌もたくさん発行されています。

 

また、預貯金と違ってインフレに強いことも大きな魅力です。1950年の日経平均株価は100円前後でしたが、2020年8月の日経平均株価は2万2000円前後と220倍になっています。一方で同時期の消費者物価指数の上昇率は8.39倍ですから、いかに株式がインフレに強いか分かるでしょう。

 

そして株式の最大の魅力は、なんといっても大きな利回りが期待できることです。最近の例としては、2018年にフリーマーケットアプリ国内最大手のメルカリが東京証券取引所マザーズ市場に新規株式公開しました。その際の初値は5000円。公募価格が3000円ですから、たった1日で66%の上昇です。1000万円分の株式を所有していたら660万円の利益。1日でそれだけの利益を得られると分かったらほかの投資はできなくなるかもしれません。

小遣い稼ぎが限界…素人が値動きについていくのは困難

一方でその投機性がデメリットとなります。株式はギャンブルではないので、値動きにはそれなりの根拠があります。メルカリのような誰もが知る企業の上場や画期的な新商品の発売などです。

 

しかし、そのような分かりやすい理由で値動きをするケースばかりではありません。なかには急上昇をしていた株価が、急降下することもあります。このような値動きをすべて事前に知ることは、その道のプロであるトレーダーでも不可能です。

 

そして株式投資は元本保証がありません。たとえ何百万、何千万費やしたとしても、1日でゼロ円になる可能性があるのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

また、そもそも本業を持つ皆さんのような方にとって、市場が開いている間は常に変化している株式の値動きについていくことは、ほぼ不可能でしょう。

 

私が以前在籍していた会社でも、会議中に机の下に隠したスマホから目が離せないほど株式投資にハマっていた部下がいました。そんな彼でも値動きについていけずに1年間で数百万円の損失を出しました。現在はその穴埋めをするためにフルコミッションの会社へ転職し、馬車馬のように働いています。

 

株式は、それを専業とするトレーダーと真っ向勝負する市場です。本業を持つ素人が参入しても、一時的に小遣い程度は稼げるかもしれませんが、資産を形成するほど勝ち続けられることは、まずないでしょう。

うまくいけば「25倍の利益」が出せるFX

FXは「Foreign exchange」の略で、日本語では外国為替証拠金取引といいます。この投資の仕組みは簡単で、「外貨を買って、円安になったら売る」だけです。その差額が利益になります。

 

例えば1ドルが100円のときに100万円分(1万ドル)買ったとします。それを1ドルが120円のときに売却すれば120万円になるので、20万円の利益を得ることができます。

 

「安く買って、高く売る」。この仕組みは株式投資と同じです。しかし、大きく異なる部分もあります。それは「レバレッジ効果」を利用できる、ということです。

 

レバレッジとは「てこの力」を意味する英語で、投資の世界では「少ない資金で大きな額の取引ができる効果」を指します。FX投資では、証拠金として預けた資金の最大25倍まで取引をすることができます。

 

具体例で説明しましょう。仮に自己資金100万円でFX投資を始めたとします。そして1ドルが100円のときに100万円分(1万ドル)買い、120円になったタイミングで売却すれば20万円の利益となります。

 

それが同じ100万円の自己資金で2500万円分の取引をすることができるので、利益も25倍の500万円になるのです。このレバレッジ効果がFX投資の最大のメリットといえます。

 

さらにFXは世界の通貨を対象としているので、24時間取引が可能です。これも日中忙しい労働者にとって大きな利点でしょう。

失敗すれば大損失…レバレッジ効果は「諸刃の剣」

ただし、最大のメリットであるレバレッジ効果は、最大のリスクでもあります。もし、前述の例で1ドルが80円になってしまえばレバレッジなしでは20万円の損失で済みますが、25倍のレバレッジをかけていれば500万円の損失となってしまいます。

 

100万円の自己資金に対して5倍の損失です。よほどの覚悟と経済力がなければ、そのようなリスクは冒せないはずです。

 

また、FXの値動きは株式と同様で非常に早いという特徴があります。しかも各国の政治情勢や経済指標、首脳などの発言によって、急激に変動します。つまり、日頃から欠かさず外国の経済や政治の情報収集を行わなければなりません。やはり、素人では太刀打ちできない市場なのです。

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

エージェントライブインベスターズ株式会社 代表取締役 宅地建物取引士
損害保険募集人

1975年生まれ。学生の頃から競泳、バスケット、トライアスロンなど特に体を動かすことを好む。大学卒業後、リスク管理や収益追求を企図した金融会社を経験し、投資不動産営業を志す。2年目からトップセールスマンとなる。しかし、翌年以降継続できず挫折を経験する。そこで、熱意だけではなく礼儀・礼節などの基本を学び直し、V字回復。

2018年、エージェントライブインベスターズ株式会社の代表取締役に就任。社内では今までの経験がマニュアル化されている。また、日本各地でセミナーや講演を多数開催。現在では、日本を支える公務員の方々をサポートすることを自らの命題に掲げている。

著者紹介

連載地方公務員こそ最強の「不動産投資家」になれるワケ

※本連載は本橋亮氏の著書『なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?

なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?

本橋 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「不動産」こそ消防士に最適な投資対象だ! 地方公務員である消防士の老後が安泰とされていたのも今は昔。共済年金が厚生年金に一元化され、将来受け取る年金額が減ることに加え、給料は頭打ち、退職金も減少傾向にあります…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!