退職金2000万円超だが…消防士に「40代過ぎの転職」が多い謎

かつて「人生安泰の職」と思われた公務員も、今では年金・退職金ともに減りつつあります。それでも定年まで勤めれば、職種に関わらず2000万円以上の退職金を受け取れます。世間から見ればまだまだ羨ましい職業に思えるでしょう。しかし、実は定年退職する人は半分程度しかいないのです。一体なぜでしょうか? ここでは、退職金のみならず給与額も多い「消防士」に着目し、その実態を解説します。

🔥HOT「老後資産2000万円以上」達成‼
【消防士限定】不動産投資セミナー は>>
コチラ<<

 

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

日頃の鍛錬は「スポーツ強豪校の部活」以上にハード

消防士の仕事の多くは、非常に体力を使います。火災現場では防火服を着たうえにしころ付きのヘルメットを被り、酸素呼吸器などの装備を背負います。その総重量は20kg前後。

 

これだけ重い装備を装着して動き回るだけでも大変なのに、真夏の場合は気温が30度を超えます。暑さに体力・気力とも搾り取られてしまうでしょう。

 

このような厳しい現場活動に対応するために、日頃の体力作りは欠かせません。階段ダッシュや懸垂、腕立て伏せなど、そのハードさはスポーツ強豪校の部活を凌ぐと聞きます。

 

さすがに40代、50代の消防士は、しごきのようなトレーニングはしないようですが、現場に出る以上、やはり体力の維持は必須となります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

体形や筋力は「20~50代で大差なし」…驚異の結果

では、実際に40代になっても体力を維持できるのか、を知る資料として東京消防庁の『消防隊員の体力管理に関する研究』(1999年)があります。

 

これは20代から50代の消防士(ポンプ隊員62人)に対して体力測定と活動能力測定を行い、分析した調査結果です。調査自体は約20年前のものですが、年代による体力差を知るには十分有効でしょう。

 

まず、それぞれの年代の身体特性を見てください。

 

●20代…身長:172.4cm/体重:68.0kg/体脂肪率:18.7%

●30代…身長:172.7cm/体重:68.9kg/体脂肪率:18.8%

●40代…身長:170.1cm/体重:67.9kg/体脂肪率:18.9%

●50代…身長:165.3cm/体重:66.5kg/体脂肪率:18.3%

 

ご覧のとおり体脂肪は、20代から50代までほとんど変わりません。しかも50代が一番低くなっています。

 

次に体力測定の結果を確認しましょう。

 

●20代…押力:59.8kg/脚筋力:65.0kg/懸垂:9回/握力:46.3kg/腕立て伏せ:48.0回

●30代…押力:55.3kg/脚筋力:64.6kg/懸垂:6.6回/握力:49.5kg/腕立て伏せ:35.0回

●40代…押力:52.0kg/脚筋力:61.6kg/懸垂:4.2回/握力:47.1kg/腕立て伏せ:33.0回

●50代…押力:42.4kg/脚筋力:56.3kg/懸垂:5.1回/握力:41.5kg/腕立て伏せ:31.0回

 

こちらも50代の筋力の衰えが若干見られるものの、大きな開きはありません。懸垂に関しては50代が40代を上回っています。やはり皆さんは、いくつになっても相当なトレーニングを積んでいるのでしょう。頭が下がる思いです。

肝心の「消火活動に必要な能力」は…

さて、ここで注目したいのは活動能力です。この調査では、次の消防活動を想定して所要時間を計測し、もっとも短いタイム(2分22秒)を100点、もっとも長いタイム(4分33秒)を0点として得点化しました。

 

なお、計測時の服装は、火災出動時の服に加えて東消5型空気呼吸器(装備総重量約19kg)を装着しています。

 

1. ホースカー約240kgを60mえい行する

2. フォグガンと連結送水セット(総重量約11kg)を1階から5階まで搬送する

3. 床を這う姿勢で10m移動する

4. 訓練用人形(約38kg)を屈んだ姿勢のまま片手で引きずり10m移動する

5. 発動発電機(約9kg)を5階から8階の屋上まで搬送する

 

年代ごとの所要時間と得点は以下になります。

 

●20代…2分44秒/82.6点

●30代…2分53秒/75.6点

●40代…3分17秒/57.6点

●50代…3分40秒/40.2点

 

このように40代以上は30代以下に比べて時間がかかっていることが分かります。

活動能力の低下を招く「加齢以外の原因」

体形や筋力は、日頃の鍛錬によって50代になってもある程度維持できます。しかし、実際の現場でもっとも要求されるフットワークは、加齢によってどうしても衰えてしまうようです。

 

さらに消防士は加齢だけでなく、日頃の生活パターンによって体力を削られるケースもあるようです。

 

24時間働いて2日休むという勤務体制(3部交代制)の繰り返しは、一般的なパターンではないので、どうしても不規則な生活になりがちです(ほかの勤務体制もあり)。

 

さらに勤務中は仕事場で寝ることになるので、若い頃は周りに気を使いっぱなしでしょう。ある消防士は「先輩が起きている間は気になって眠れなかった」と言っていました。こうしたことから慢性的な不眠に悩む人も多いようです。

 

消防士は誰よりもフットワークを要求される職業にもかかわらず、体力は加齢や不規則な生活などによって衰えていきます。特に40歳を過ぎるとそのことを痛感する機会が多いようです。

 

そのため、ある程度の年齢になると現場を離れてデスクワークに移るケースもあります。しかし、それができるのはほとんどが昇進できた人ではないでしょうか。昇進できない、または現場活動が好きで続けていた人は、体力の低下をきっかけに転職を考えることも多いようです。

 

 

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

 

【医師限定】勤務医のための「はじめての不動産投資」

エージェントライブインベスターズ株式会社 代表取締役 宅地建物取引士
損害保険募集人

1975年生まれ。学生の頃から競泳、バスケット、トライアスロンなど特に体を動かすことを好む。大学卒業後、リスク管理や収益追求を企図した金融会社を経験し、投資不動産営業を志す。2年目からトップセールスマンとなる。しかし、翌年以降継続できず挫折を経験する。そこで、熱意だけではなく礼儀・礼節などの基本を学び直し、V字回復。

2018年、エージェントライブインベスターズ株式会社の代表取締役に就任。社内では今までの経験がマニュアル化されている。また、日本各地でセミナーや講演を多数開催。現在では、日本を支える公務員の方々をサポートすることを自らの命題に掲げている。

著者紹介

連載地方公務員こそ最強の「不動産投資家」になれるワケ

※本連載は本橋亮氏の著書『なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?

なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?

本橋 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「不動産」こそ消防士に最適な投資対象だ! 地方公務員である消防士の老後が安泰とされていたのも今は昔。共済年金が厚生年金に一元化され、将来受け取る年金額が減ることに加え、給料は頭打ち、退職金も減少傾向にあります…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧