老眼進行、白内障悪化…問題山積みだった「眼の手術」に新手段

医療技術の発達で、老眼・白内障治療に大きな変化が生まれました。老眼鏡などのメガネをかけるのはできるだけ避けたい、と望む人の声に応えるために生まれた「多焦点眼内レンズ」。ほかの治療法と比べたメリットについて鈴木眼科グループ代表の鈴木高佳氏が解説します。

2焦点タイプの多焦点眼内レンズが抱えていた「弱点」

これらの進歩と普及の背景には多焦点眼内レンズの性能の向上に熱意を注いだ、たくさんの研究者や技術者の存在があったことはいうまでもありません。

 

3焦点タイプより先に開発された2焦点タイプの多焦点眼内レンズは、前述のとおり「遠方+近方」または「遠方+中間距離」にピントが合うようにできています。単焦点眼内レンズに比べるとメガネの使用頻度は格段に減りますが、「遠方+近方」は中間距離の視力、「遠方+中間距離」は近方の視力がどうしても出にくいのが弱点です。視力が出ない場合、メガネをかけて視力を補う必要があります。

 

[図表]は、2焦点眼内レンズ使用の白内障手術(水晶体再建術)を日本全国で受けた患者さんへのアンケートの結果です。眼科の学術雑誌『AMERICAN JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 2019』に掲載されたもので、両眼を手術した412人から回答を得ています。

 

[図表1]
[図表]多焦点眼内レンズ(2焦点)利用者のメガネ依存度

 

これを要約すると、術後のメガネへの依存度は「まったく必要ない」が56.5%、「いつも必要」が3.1%、その中間である「ほとんど必要ない」と「ときどき必要」が計39.9%となります。「ほとんど必要ない」「ときどき必要」と答えた人は、前出のような視力が出ない距離のものを見るときにメガネを使用していると考えられます。

 

半数以上の人はメガネをまったく使わない裸眼生活が実現できたわけですから、2焦点タイプの多焦点眼内レンズもかなりの程度まで「老眼治療の効果を挙げられる」といえます。しかし、この確率では老眼治療に用いることはできません。白内障治療を主目的とした手術で「老眼も治療できた」というのと、老眼治療を主目的に行う手術とでは求められる確実性の度合いには差があります。

鈴木眼科グループ代表

神奈川県逗子市出身。栄光学園中学校・高等学校卒、1994年日本医科大学卒。日本医科大学付属第一病院にて麻酔科研修後、横浜市立大学医学部付属病院眼科に所属する。この間、同大学病院、函館の藤岡眼科病院、小田原の佐伯眼科クリニックへの勤務を通して白内障手術をはじめ眼科一般の経験を積む。

2002年より東京歯科大学市川総合病院眼科にて角膜疾患の診断・治療に携わる。また同年、日本国内での多焦点眼内レンズの厚生労働省治験を行った、東京歯科大学水道橋病院眼科のビッセン宮島弘子教授の助手として同眼科に勤務し、2006年3月まで、手術、診療、臨床研究に従事。同大学ではほかに、レーシックをはじめとする屈折矯正手術と日帰り白内障手術を専門に行う。

2006年国際親善総合病院眼科部長に就任。網膜硝子体疾患に対し手術および内科的治療(光線力学療法、抗血管内皮増殖因子硝子体注射療法など)を導入し、多数の患者の診断と治療を担当。

2010年4月、神奈川県横浜市のJR戸塚駅前に戸塚駅前鈴木眼科を開院。現在は同クリニックの理事長を務めるほか、同クリニックをはじめ県下に計4カ所のクリニックから成る鈴木眼科グループの代表を務める。

著者紹介

連載メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門

※本記事は、鈴木高佳氏の著書「メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門」(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門

メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門

鈴木 高佳

幻冬舎MC

鈴木眼科グループ代表の鈴木高佳氏が老眼・近視・乱視・白内障の悩みを老眼鏡なしで解決する多焦点眼内レンズについて解説します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!