元ZOZO前澤友作氏がバスキアを百数十億円で購入した理由

Appleのスティーブ・ジョブズが、文字のアートであるカリグラフィーをプロダクトに活かしていたことは有名だ。マーク・ザッカーバーグがCEOをつとめるFacebook本社オフィスはウォールアートで埋め尽くされている。こうしたシリコンバレーのイノベーターたちがアートをたしなんでいたことから、アートとビジネスの関係性はますます注目されているが、実際、アートとビジネスは、深いところで響き合っているという。ビジネスマンは現代アートとどう向き合っていけばいいのかを明らかにする。本連載は練馬区美術館の館長・秋元雄史著『アート思考』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

能溢れるアーティストは、タフで、戦略家で…

経験をすべてアートに昇華させる

 

私が大学を卒業後、40年にわたり直島に始まるアートの最前線で出会ってきたアーティストたちの話をします。アーティストとは一体、どういった人たちなのでしょうか? なかなか皆さんにとって身近な存在ではない人が多いでしょうから、解説を加えていきます。

 

アーティストというのは、成功法則や定石がないフィールドで、一人で直接的に社会と関わり合います。特に、才能溢れるアーティストは、タフで、戦略家で、野生動物のようなカンを持っています。「直接的に」社会と関わるアーティストの世界との関わり方こそが、インターネットなどの普及により、結果として間接的にしか社会と関わらなくなってしまった現代人が、見習うべき点かもしれません。

 

才能溢れるアーティストは、タフで、戦略家で、野生動物のようなカンを持っているという。(※写真はイメージです/PIXTA)
前例のないアートを探求するアーティストの孤独は、ときに自ら事業を立ち上げた創業者の孤独と対比されるという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

優れたアーティストは、常に自分が向き合っているものに対し当事者として向き合い、あたかも舞台の中央にいるかのような姿勢で臨みます。実際にそうであるかどうかは問題ではないのです。自らの視点を持ち、そこから世界を眺めているという自負を持っているのがアーティストであり、その自己に対する信頼が人一倍、強い人たちです。

 

アーティストというひとつのキャラクターがあるわけではなく、ビジネスパーソンのような人もいますし、学者ふう、政治家ふう、ホームレスふう、クリエイターふうなど、実に様々で、人の数だけアーティストの形は見受けられます。いいアーティストとは、生来の自分にうまく今の生き方を適応させていて、少なくとも社会的には強烈に個性がはっきりしている人だと思います。

 

また、リスクを顧みないという点では、ビジネスフィールドでいえば創業者マインドを持った人たちということになるでしょうか。自らの生涯をかけて投資し続ける人たちです。

 

私がベネッセに勤めていたころ、当時社長であった福武總一郎に「ビジネスを成功する秘訣は?」と聞いたことがありました。そのときに福武は、「成功するまで止めなければいい」と答えました。当たり前のことですが、それができるかどうかが成功の鍵でしょう。アーティストは、職業を選んだ時点ですでに「止めない」道を選んでいる人たちです。

 

私が直島で仕事をしていた時代に作品を制作してもらったアメリカのジェームズ・タレルは、実にインテリで大学と大学院において、知覚心理学、数学、地質学、天文学、芸術学などを学んでいます。その反面、実に豪快でかつ勇敢な性格かつアメリカの西部劇に出てくるヒーローのような人で、いざとなると「弱きを助け、強きをくじく」正義感に溢れた人です。

 

アーティストというと内向的な人をイメージするかもしれませんが、タレルはまったく逆の性格でした。趣味も多彩で、クラシックな飛行機に乗り、ハンフリー・ボガートとイングリット・バーグマンが共演した映画の『カサブランカ』のラストシーンに登場するロッキードL‐12エレクトラというマニアックな機種の飛行機や他にも数機所有し、小型機は日常的に乗り回していました(私も何度かタレルが操縦する飛行機に乗らせてもらった経験があります)。

東京藝術大学大学美術館 館長、教授 練馬区立美術館 館長

1955年東京生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業後、作家兼アートライターとして活動。

1991年に福武書店(現ベネッセコーポレーション)に入社、国吉康雄美術館の主任研究員を兼務しながら、のちに「ベネッセアートサイト直島」として知られるアートプロジェクトの主担当となる。

開館時の2004年より地中美術館館長/公益財団法人直島福武美術館財団常務理事に就任、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクターも兼務する。2006年に財団を退職。2007年、金沢21世紀美術館館長に就任。10年間務めたのち退職し、現職。

著者紹介

連載ビジネスエリートに欠かせない「現代アート」という教養

アート思考

アート思考

秋元 雄史

プレジデント社

世界の美術界においては、現代アートこそがメインストリームとなっている。グローバルに活躍するビジネスエリートに欠かせない教養と考えられている。 現代アートが提起する問題や描く世界観が、ビジネスエリートに求められ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!