恐ろしい…都内某所「薬品垂れ流し」の土地の残念すぎる末路

自分の資産である土地の価格を正確に知ることは専門家でも難しいことです。土地の価格を正確に知らないことで損をする前に、どんなことが土地の値段の下落につながるかを紹介します。

「地質調査」で価格を下げざるを得ないことに

地質調査を行った結果、地価が下がることはよくあります。地方の資産家がある土地を処分したいと考えたときに、地質調査をやってみると有害物質が含まれていることがわかり、大きく地価を下げてしまうようなケースです。

 

こうした例は、プロである私自身はよく見かけますが、非常に個別性が強いケースです。以前、都内のある地域の土地の処分を請け負ったとき、地質調査をするとひどく土壌汚染されていたことがありました。かつてその土地にあった工場では、薬品を垂れ流し状態で使っていたため、売却時にはその土壌汚染の除去費用を見込む必要があったのです。実際の公示地価では周辺地域と価格が変わりませんでしたが、売却するにあたっては、土壌汚染の除去費用を見込んで公示地価の3〜4割減となりました。

 

ただし、路線価には、そのような要因はほとんど反映されません。そのため、購入する人も要注意です。何も知らずに買ってしまうと、売るに売れない塩漬け不動産を持ってしまうことになりかねません。

 

ちなみに、米国では、そのような土地を誰かが購入して販売したあと、買った人がさらに土地分譲をしてマンションが建てられた段階で土壌汚染がわかっても、隠れた瑕疵のある不動産として、その原因を作った大もとの所有者まで損害賠償で訴えられるケースもあり、日本でも同様の場合、今後徐々に問題となるケースも増えるでしょう。

東京アーバンコンサルティング株式会社 代表取締役社長

1967年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、三菱信託銀行入社。本店不動産部配属となり、不動産仲介・鑑定・開発・各種コンサルティング業務に従事する。その後、米国ロサンゼルス支店融資課長、次長、本店国際不動産コンサルティング業務担当部長等を歴任し、1991年に米国三菱信託銀行(ニューヨーク)会長兼社長に就任。
95年、英国系国際不動産コンサルティング会社である日本ナイトフランク株式会社代表取締役社長に就任。97年に東京アーバンコンサルティング株式会社を設立、現在に至る。
不動産鑑定士。不動産カウンセラー(日本不動産鑑定協会)。不動産コンサルティング技能資格(国交省所管)。宅地建物取引主任者(国交省所管)。不動産専門調停委員(東京簡易裁判所)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は2017年6月刊行の書籍『改訂版塩漬けになった不動産を優良資産に変える方法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の税制や税務調査とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

塩漬けになった不動産を 優良資産に変える方法

塩漬けになった不動産を 優良資産に変える方法

相馬 耕三

幻冬舎メディアコンサルティング

バブル崩壊以降、買ったはいいものの収益を生んでいない賃貸物件や、地価の暴落でほったらかしになっている土地を抱える不動産オーナーは多くいます。ソニー生命の不動産整備などを実現してきた経験豊富な不動産コンサルタント…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!