株で勝ちたければ「あまのじゃくになれ」格言で学ぶ必勝の極意

通常、株式投資は「買い」からスタートしますから、「いつ買うか」という買いのタイミングを探ることが非常に重要になります。その際の心構えとして大切なのが、「焦ってはいけない」です。株を買おうと考えると、できるだけ早く銘柄を決めて早く買いたいとなりがちです。しかし、「早く買わないと」という焦りがあると、今まさに上がっている人気の銘柄に飛びついて、買いのタイミングを間違えることになりかねません。

ドカンと上がる銘柄を底値でつかむ「買い」の極意

相場は仕掛けが最も重要、

焦らず絶好の買い場を探ること

 

「買い」の場合、その銘柄を買わなかったからと言って、自分が損をすることはありません。上がっているのを見て「買えばよかったなあ」と残念に思うくらいで、懐はまったく痛まないのです。

 

しかも、現代の株式市場には約4000銘柄が上場しています。買いそびれてすでに高値になっている株をわざわざ追いかける必要はなく、これから上がるほかの銘柄を探せばいいだけです。多くの場合、一銘柄だけが上がる相場というのはなく、必ずほかにも上がる銘柄があるはずなので、その中から適切なものを探して買うことが得策です。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そもそも、仕事でトレードをしているのでなければ、どうしても今日買わなければならないというものではないでしょう。株式市場は、営業日であれば明日も来週も来年もやっています。米相場の格言ではありませんが、「相場は明日もある」という格言もあります。慌てて買って損をするよりは、しっかりと買い場を探して、よりよいタイミングで買うことを心掛けましょう。

 

買いのタイミングを示唆する米相場の格言には、「千人の逆を行け」や、「弱人気の逆で買う」「大逆鞘は買い」などがあります。要は、ほかの人が売っていて、下落しているときこそが買い場だということです。もちろん、ただ下落しているところを買うのでは「落ちるナイフ」をつかんでしまう可能性もあります。そうではなく、下落しきったところ、つまりは「売る人がいなくなったところ」を見極めることが重要です。

 

では、どうやって下落しきったところを見つければよいのでしょうか。具体的な買い場は、チャート上のローソク足の変化などから探していくことになります。もちろん、実際に買う際には、どんな要因で下げているのか、業績や事業の見通しはどうなっているのかといった事柄からの確認も必要になります。

株式会社アルゴナビス 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、1983 年に大和証券入社。
ソシエテジェネラル証券、マネックス証券等を経て、2014年5月より株式会社アルゴナビスの代表取締役に就任、株式スクールを開校する。日系証券と外資証券、ネット証券で広く営業やディーラーを経験したことによる高い専門知識と、「江戸の米相場」の独自研究に基づいた相場観測や投資戦略で多くの投資家の成功をサポートしてきた。
CS テレビ「日テレニュース24」「日テレニュース24TOKYO」、MX TV・三重テレビ放送ネット「TV ストックボイス生中継」出演。オンラインコラム「ダイヤモンドザイオンライン『株』のとれたてニュース」、「辛口放談」連載中。『江戸の賢人に学ぶ相場の極意』(パンローリング)『DVD でわかる! 儲かる株価チャート集中セミナー』(ナツメ出版)ほか多数の著書あり。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、『「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術

清水 洋介

幻冬舎メディアコンサルティング

「どうもうまくいかない」「なかなか儲からない」これこそ株式投資で誰もが必ず直面する問題……。 そんな悩みを解決すべく、時代を超えても通用する、先人たちの投資成功術をまとめた一冊。 どんな時代にも通用する「株式投…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!