「先生」と呼ばれてきた「税理士」が転落する、大変悲しい理由

AIの利用が広がるにつれ、多くの士業が「定型的で単純な手続き業務はAIに取って代わられかねない」と危機感を強めている。ITやAIの技術革新の波は今後もとどまることはない。とはいえ、打つ手はあると公認会計士・税理士の藤田耕司氏は語る。本連載は藤田耕司著『経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

税務申告がAIに取って代わられる可能性

「自動化されやすい業務」と「自動化されにくい業務」

 

AIやITの進歩により今後自動化されていく可能性の高い業務も数多くありますが、一方で、技術が進歩したとしても自動化される可能性が低い業務もあります。

 

ここでは税理士、司法書士のそれぞれの仕事について、自動化の可能性や影響を考えていきます。

 

税務調査への対応は、機械による自動化は難しい分野だという。(※写真はイメージです/PIXTA)
税務調査への対応は、機械による自動化は難しい分野だという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

税理士業務の自動化の可能性

 

税理士の主な業務には、各種税金に関する税務申告書の作成、決算書を作成する決算業務、仕訳の入力などを請け負う記帳代行業務、税務調査への対応、税務コンサルティングなどが挙げられます。

 

このうちの記帳代行業務については、インターネットバンキングと会計システムが連携して、自動で仕訳入力が行われるクラウド会計がかなり普及してきています。紙の領収書についても、領収書の内容をスキャンしてOCRで読み込めば自動で仕訳ができるようになりつつあります。

 

また、決算書や税務申告書についても自動作成機能を持つ会計システムが出ており、現時点でも、簡単な内容のものであればほぼ自動でできてしまいます。この精度は今後さらに上がっていくでしょう。

 

では、そういったソフトの精度が上がればすぐに税理士の仕事がなくなるかというと、それほど短絡的な話ではありません。

 

先に述べたように、どのような商品やサービスであっても、それが普及するためには消費者がある程度のリテラシーを持つことが必要であり、消費者は「便利なんだろうけど、よくわからない」「難しそう」と思えば手を出そうとしません。ITに詳しい方であればクラウド会計も抵抗なく導入できるかもしれませんが、ITが不得手な方にとっては導入のハードルは決して低くはありません。

 

そのソフトの認知度や社会的信頼性も重要な要素です。認知度も社会的信頼性もない段階では、「やっぱり専門的なことは税理士に見てもらわないと不安」という心理は生じます。そういった点でも税理士に対するニーズは一定程度存在します。

 

また、税務申告書への捺印は税理士としての重要な仕事の一つですが、ここは税理士資格の帰属主体としてのBodyの要素が求められます。

 

ただ、そういった技術やサービスが、ITが不得手な方でも簡単に使えるまでに進歩して、消費者に対して十分な認知度と社会的信頼性が得られ、それが税理士の顧問報酬よりもはるかに安価で提供されるようになったとしたら、そして税理士の捺印をそこまで重視しない風潮が世の経営者に広まったとしたら、多くの税理士は窮地に立たされることになるのかもしれません。

 

一方、税務調査への対応は、機械による自動化は難しい分野です。条文の解釈と現場の実態を踏まえたうえで税務署と交渉することが求められ、複合的な判断力と論理的構成力、交渉を進める人間力も求められるため、ThinkとHumanityの要素が必要となります。また、税務リスクの分析や節税スキームの提案といった税務コンサルティングに関しては、個々の状況を把握した提案が必要となり、Thinkの要素が求められるので、当面、自動化は難しいでしょう。

一般社団法人日本経営心理士協会代表理事
FSGマネジメント株式会社代表取締役
FSG税理士事務所代表
公認会計士 税理士 心理カウンセラー 

19歳から心理学を学び、心理カウンセラー等の複数の心理系資格を取得。2011年に監査法人トーマツを退職し、コンサルティング会社と会計事務所を設立。人材育成から労務問題、採用、営業、マーケティングまで幅広い分野で、これまでに1,000件超の経営相談を受け、数字と人間心理の両面から経営改善を行う。また、これまでの経営改善事例から経営者の心理、部下の心理、顧客の心理、自己の心理を分析し、経営心理学として体系化することで経営指導の成果を大きく高める。
現在、経営者人材や経営参謀の育成を目的として経営心理学を伝える経営心理士講座を主宰。全国から経営者や士業が集まっている。著書に『リーダーのための経営心理学』(日本経済新聞出版社)、『もめないための相続心理学』(中央経済社)がある。

著者紹介

連載AI時代に「経営参謀」として生き残る士業のバイブル

経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事

経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事

藤田 耕司

日本能率協会マネジメントセンター

AIの利用が広がるにつれ、多くの士業が「定型的で単純な手続き業務はAIに取って代わられかねない」と危機感を強めています。 起業して新事業を始めたり、いち早くAIを取り入れたりするなど、業務の見直しに取り組む動きも出始…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!