NHK朝ドラ『おちょやん』劇団を去り、いよいよ映画の舞台へ

NHK連続小説『おちょやん』で杉咲花さん演じる主人公、浪花千栄子はどんな人物だったのか。幼いうちから奉公に出され、辛酸をなめながらも、絶望することなく忍耐の生活を送る。やがて彼女は銀幕のヒロインとなり、演劇界でも舞台のスポットライトを浴びる存在となる。この連載を読めば朝ドラ『おちょやん』が10倍楽しくなること間違いなし。本連載は青山誠著『浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優』(角川文庫)から一部抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

女給の仕事になじめなかったキクノ

女優家業、最初の仕事は元気な少年の役

 

さらに1ヵ月が過ぎると、キクノは仕事にもだいぶ慣れてきた。

 

酒場に来る客はふだん語ることのない本音を吐き、本来の自分をさらす。

 

仕事に慣れて余裕のでてきたキクノは、客たちをじっくり観察するようになった。すると、人物の地位や人柄、その時々の感情さえも、所作や言葉遣いや服装に表れていることが分かる。

 

青山誠著『浪花千栄子』(角川文庫)
青山誠著『浪花千栄子』(角川文庫)

仕事仲間の女給たちにしても、着物の着こなしや動きに、性格がよく表れていた。怠惰で金遣いの荒い女は、着こなしもどこかだらしない。その逆で、生真面目に自分を律している女の着物姿には、凜とした美しさがある。

 

同じ着物を着ても、所作や着こなし方で人の印象はかなり違って見える。演じる者にとっては貴重な発見だろう。日々、それを観察しながら学んだ。

 

もっとも、この時のキクノには、自分が学んでいるという自覚はない。

 

女給の仕事に慣れてゆくほどに、カフェーは嫌な場所になりつつあった。ここは自分の居場所ではない。そんな思いが強くなっていた。

 

自伝『水のように』では、

 

「好きでもない人にお世辞を言ってお酒をついだり、心にもないことを言って人をだましたり、(中略)金のある人とみると、徹底的に食いさがるというようなことを極度にきらう潔癖症が自分にあるということの発見」

 

と、女給の仕事になじめなかった理由が語られている。

 

感情を包み隠さないケンカ腰の河内弁で、ざっくばらんに本音を語ることを好む土地柄。額に汗して働くことを美徳とする、生真面目な農民の価値観。キクノの気質を形作ってきたものが、それとはまったく相反する異世界を拒絶する。

 

彼女の継母もまた、酔客を相手にする飲み屋で働く女だった。主婦としての仕事を放棄して、自分が楽をすることだけ考える怠け者。そのために父親に媚を売って操り、邪魔な自分を家から追い出した。キクノにはそう映っていたようである。

 

「水商売の女」に父を奪われた、と。この仕事に嫌悪感を覚えてしまうのは、継母に対する思いが多分に影響しているようでもある。

 

「女給の仕事も、もう限界やなぁ」

 

長居する場所ではない。他の仕事が見つかれば、すぐにでも辞めたい。仕事に慣れるほどに、その思いは強くなる。

 

自分の意思で行動するようになる以前には、どんな辛い目にあっても転職など考えもしなかった。仕出し料理店の冷酷な主人から、虐待に近い仕打ちを受けながらも、辞めようと思ったことはない。耐え忍ぶ。そんな生き方しか知らなかった。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】12/4(土)開催決定
利回り20%以上が当たり前の「真の投資力」を学べる
普通の空き家投資じゃない、スゴイ空き家投資だ!

「ダイヤモンド空き家投資」特別セミナー 詳しくはこちら>>>

作家

大阪芸術大学卒業。著書に『古関裕而 日本人を励まし続けた応援歌作曲の神様』『安藤百福とその妻仁子 インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語』(ともにKADOKAWA)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)などがある。

著者紹介

連載昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優一代記

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優

浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優

青山 誠

角川文庫

幼いうちから奉公に出され、辛酸をなめながらも、けして絶望することなく忍耐の生活をおくった少女“南口キクノ”。やがて彼女は銀幕のヒロインとなり、演劇界でも舞台のスポットライトを一身に浴びる存在となる。松竹新喜劇の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!