高齢者世帯、平均年金額20万円「月3万円の赤字」の絶望感

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点を当てるのは「定年後の生活」。65歳で現役を引退し、公的年金を頼りにした老後の生活……実際、どのような暮らしだと思いますか?

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

家計調査にみる「65歳以上世帯」の暮らしぶり

2020年、社会を激変させた新型コロナウイルス。なかには収入が大幅に減少し、生活スタイルを大きく変えざるを得なかった人もいたでしょう。ただワクチンの開発などにより、このような不安は長期的にみれば一時的なもの、という見方が多くを占めています。

 

むしろ長期的にみれば、少子高齢化の進行、膨らみ続ける社会保障費……と、老後不安のほうが大きいでしょう。

 

これで足りるのか…(画像はイメージです/PIXTA)
これで足りるのか…(画像はイメージです/PIXTA)

 

――将来、きちんと年金が支払われるのだろうか?

――定年後、暮らしていくのに年金だけで足りるのだろうか?

――いったい、いくら老後には必要なのだろうか?

 

世間をにぎわした「老後資金2000万円問題」は、このような不安が顕在化した結果なのでしょう。

 

厚生労働省「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、公的年金被保険者数は、令和元年度末現在で6762万人(速報値)。厚生年金保険(第1号)が1538万人、国民年金が3262万人となっています。

 

厚生年金保険(第1号)の平均年金月額を都道府県別にみていくと、最も多いのが「神奈川県」で16万6546円。「東京都」「奈良県」「埼玉県」「愛知県」と続きます(図表1)

 

出所:厚生労働省「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」より作成
[図表1]都道府県「厚生年金保険(第1号)平均年金月額」上位10 出所:厚生労働省「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」より作成

 

一方で平均年金月が最も少ないのが「青森県」で12万2081円。「秋田県」「宮崎県」「山形県」「沖縄県」と続きます。1位と47位では月額4万4465円、1年換算で53万3580円の差が生じる計算になります。

 

年金に大きな地域差があることがわかりましたが、物価も大きく違うので、一概に年金が多い地域が暮らしが楽であるとは限りません。そこで年金暮らしの実態を総務省「家計調査」から「65歳以上世帯」に注目してみていきます。

 

まず該当世帯の平均人員は1.8人、世帯主の平均年齢は75.4歳、持ち家率は92.9%。おそらく、多くの人が抱く「高齢者の世帯」のイメージに近いのではないでしょうか。

 

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧