長男激怒、捨て台詞まで…家族仲裂いた「亡父の貸金庫」の中身

改正相続法を物語で読み解く本連載。物語は、開港市で果実業を営んでいた被相続人・寺田信太郎の死亡から始まる。長男・真人は父の遺産を住宅資金に充てることを目論んでおり、貸金庫にも目を付けていた。開扉には相続人全員の実印が必要であることから、他相続人たちに連絡を取る。一方、相続人たちは長男に不信感を抱いていた。二男・祐人は、高校時代の友人である鈴木弁護士に相談しに行くことに…。※本連載は、片岡武氏、細井仁氏、飯野治彦氏の共著『実践調停 遺産分割事件 第2巻』(日本加除出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

article_img_optimiz2:

「父の相続について…」友人・鈴木弁護士への相談

「この間の同窓会は楽しかったよな。祐人とは、高校時代、柔道部で同じ釜の飯を食った仲だから、できるだけ力になるよ」

 

昔を懐かしんで話す弁護士の鈴木知広は、高校時代より更に恰幅が増した感じがする。

 

「今日は、お袋と弟の嫁さんを連れてきたよ。皆一緒に話を聞いた方がいいと思ってな」

 

鈴木弁護士の事務所は、開港家庭裁判所から徒歩5分程度のところにあった。祐人は、応接室のソファーに座り、封筒から書類を取り出し、父・信太郎が亡くなって長男の真人から連絡があるまでの経緯を話し始めた。

 

「なるほどね。遺産は、畑、自宅の土地建物、株式、預金が主なところだね。それと貸金庫があるなら、中を調べないとな。一番の問題は、お父さんがどのような遺言書を残しているかだね。ちょっとその封筒を見せてくれないか」

 

祐人は、鈴木に「遺言書」と書かれた封筒を渡した。

 

「1週間くらい前に、仏壇を掃除した際にお袋が発見したんだ」

 

鈴木は、渡された封筒を手に取った。手にずっしりとした重みを感じた。封筒の裏には、日付の脇に信太郎の自筆と思われる文字で「開封は家庭裁判所で行うこと 寺田信太郎」と記載され、名下に押印がされていた。

 

「これはお父さんの遺言書のようだね」

「すぐにでも開封したい気持ちもあるんだが、なにせ家庭裁判所で開封しろと書いてあったものだから」

 

「確かに、遺言書を開封するには、家庭裁判所に遺言書の検認申立てをして、その期日で開封することになっているからな。申立ての準備をしたり、お兄さんや他の相続人に通知をするから、少し時間がかかるんだよ。あと、注意してほしいのは、検認をしたからといって遺言の有効性が確認されるものではないからね」

 

「やっぱり弁護士のお前でも勝手に開封ってわけにはいかないんだ」

 

祐人は少しがっかりした表情をした。

 

「ところで確認するけど、他に遺言書はないのかい」

「多分、実家にはないと思うよ」

 

「あと遺言書があるとしたら貸金庫の中か。」

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

千葉法律事務所 弁護士

元東京家庭裁判所部総括判事。

1954年生まれ。千葉地方裁判所、新潟地方・家庭裁判所長岡支部、旭川地方・家庭裁判所、東京地方裁判所、青森地方・家庭裁判所八戸支部、東京家庭裁判所、札幌高等裁判所、横浜家庭裁判所での勤務を経て、東京家庭裁判所家事第5部(遺産分割)部総括判事。2019年退官。

裁判官時代、家事事件の中でもとくに遺産分割事件に多く携わる。当事者の納得を得られる調停運営やウィットに富んだ講演に定評がある。2010年に『家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務』の刊行以来、相続分野における著作を多数刊行。

【主な著書等】
『家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務』編著、日本加除出版
『家庭裁判所における成年後見・財産管理の実務』共著、日本加除出版
『改正相続法と家庭裁判所の実務』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 ―物語から読み解く調停進行と実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 面会交流 ―子どもの気持ちに寄り添う調停実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 第2巻 ―改正相続法を物語から読み解く―』共著、日本加除出版

著者紹介

静岡家庭裁判所 次席書記官

1961年生まれ。東京家庭裁判所、横浜家庭裁判所、知的財産高等裁判所等での勤務を経て、2020年現在、静岡家庭裁判所次席書記官。

書記官実務の中でも、とくに家事事件全般に多く携わった家事事件のエキスパート。『実践調停』シリーズでは主に物語部分を手がける。理論的で精緻な筆致と柔らかな感性で色彩豊かなストーリーを描く。

【主な著書等】
『実践調停 遺産分割事件 ―物語から読み解く調停進行と実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 第2巻 ―改正相続法を物語から読み解く―』共著、日本加除出版

著者紹介

横浜家庭裁判所 次席家庭裁判所調査官

1960年生まれ。東京家庭裁判所、横浜家庭裁判所、札幌家庭裁判所等での勤務を経て、2020年現在、横浜家庭裁判所次席家庭裁判所調査官。

家庭裁判所の家事事件、少年事件などの調査を行う家庭裁判所調査官の視点から、とくに、介護や特別寄与の関係を細やかに描く。当事者にとって最もよいと思われる解決方法を検討し、心理的な援助を行うプロフェッショナル。

【主な著書等】
『実践調停 遺産分割事件 ―物語から読み解く調停進行と実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 第2巻 ―改正相続法を物語から読み解く―』共著、日本加除出版

著者紹介

連載小説「実践調停 遺産分割事件」 ~ストーリーで読み解く改正相続法

本連載における「改正法」は、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成三〇年法律第七二号)」をさします。

実践調停 遺産分割事件 第2巻 改正相続法を物語で読み解く

実践調停 遺産分割事件 第2巻 改正相続法を物語で読み解く

片岡 武

細井 仁

飯野 治彦

日本加除出版

特別寄与料、配偶者居住権、預貯金の払戻しなど改正相続法に則した実務が理解できる! 改正相続法下の遺産分割の解決手法をストーリーと解説で描いた一冊。 <ストーリー> みかん農家を営む寺田信太郎が死亡し、仏壇の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!