現金欲しい長男が暴走…遺産の「一部分割」は可能になったが

改正相続法を物語で読み解く本連載。今回のテーマは「一部分割」について。物語は、果実業を営んでいた被相続人の死亡から始まる。長男は父の遺産である畑の売却を目論み、次男らと対立。遺産の現金化を急いだことから家庭裁判所に遺産の「一部分割」を求める調停申立書を提出し、調停委員たちは準備を進めていた…。※本連載は、片岡武氏、細井仁氏、飯野治彦氏の共著『実践調停 遺産分割事件 第2巻』(日本加除出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

 

~あらすじ~

父の遺産をめぐり対立した兄弟。自宅購入のため資金確保を急いでいた兄は、遺産の畑を売却するため、家庭裁判所に「遺産の一部分割」を求める調停を申し立てた。

調停の当日…調停記録を確認する石原委員

調停委員の石原は、担当することになった遺産分割調停事件の調停記録を調停委員控室で読み始めた。遺産分割は、もう何件も経験しているので、調停記録の読み方も手慣れたものだった。相続人の範囲、遺産分割協議の有無等を確認した後、遺言書の有無の確認に入った。

 

考えながら、調停記録を読み進める。争点は遺言書の効力かな? 検認の記録も見たが、形式面において無効の可能性が高いようだ。

 

申立人は遺産の範囲について、2筆の畑の一部分割を求めているけど、他の相続人は畑以外の遺産があると主張しているし。寄与分の主張もありそう。特別受益は?

 

「あまり先走りは良くないわね」

 

遺産分割調停事件を長くやっていると、ついつい、先走るようになる。そういえば、調停協会の研修で教わったなあ。当事者が分割方法の解決を希望するので、その希望に応じて、基礎を固めずに分割方法に取りかかってしまうと、後に範囲や評価でもめて、結局、最初からやり直さないといけないことになると。石原も何度か経験した。しっかり基礎を固めていけば、複雑困難な案件でも、早期に解決する。

 

「先日の研修の資料をもう一度、読み直した方がいいわね」

 

そうつぶやいて調停記録を閉じた。

 

今回の案件は、相続法が改正されてから、石原が初めて担当する事件だ。調停記録の検討を終えた石原は、書記官室に調停記録を戻しに行った。

 

「ご苦労様です。控室で杉浦委員にお会いになりませんでしたか」

「杉浦さんですか? 見かけませんでしたよ」

「杉浦委員も調停記録を見たいって言っておられましたので…」

 

石原は、今回の相調停委員である杉浦とはこれまで一緒に調停を行ったことはなかった。研修や勉強会ではよく見かけるので、熱心な方だという印象はあったのだが…。

 

「あっ。石原さん」

 

大きな声が聞こえたので、振り返ると、汗だくのがっしりした男性が笑顔で立っていた。杉浦だった。

 

「私も控室で調停記録を読んできます」

事前評議で調停期日の「テーマ」を確認

「石原さんとは、初めてですね。遺産分割はほとんど経験していないので、よろしくお願いします」

 

「こちらこそお願いします。初めてなんですか? でも、勉強会ではよくお見かけしますよね」

 

「頭でっかちなところがあるんで、まず理屈からって思って参加させていただいています。記録、もうお読みになったんですよね? 何か気が付かれたことはありますか?」

 

本当に勉強熱心な方だ。石原は要点を話した。

 

「相続法改正に関わる問題も色々ありそうですね。研修とかで学んだように基本通り進めていくしかないですね」

 

「おっしゃるとおりです」

 

豪快な外見に比べて、細やかな思考の方だな。うまくやっていけそうな気がする。石原と杉浦は調停室に向かった。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「遺産は他にあるんでしょうか」

 

記録をめくりながら石原に話しかけた。

 

「相手方らは、他に預金があると書いてありますけど、今日の期日で聞いてみないと…」

 

石原が話を続けようとしてると、調停室のドアが開いて、山崎裁判官と稲葉書記官が入ってきた。

 

「お2人には調停記録をお読みいただいていると思いますが、本件は、一部分割の申立てなので、一部分割の申立てをした理由を聞き、相手方の意向を確認して、全部分割を求めるならば、まず申立人に拡張するかを確認し、拡張しない場合には相手方に申立てを促すことにしましょう。相手方らには追加の申立てを、その上で申立人には申立てを拡張するか否かを検討するよう促してください」

 

「分かりました。双方の意見を聞いてみます」

 

「寄与分の主張がありそうですが」

 

「まずは、遺産の範囲を確認することから始めましょう。特に、今回は、遺言書もあり、一部分割の申立てなので、当事者の意向によっては前提問題の整理に時間を要するかもしれませんね」

 

「分かりました」

 

「それでは、フローチャートによる事前の説明からよろしくお願いします」

 

山崎と稲葉は調停室を出て行った。

 

「裁判官の言うとおり、今日のテーマは、遺言書の有効性、遺産の範囲の確定など前提問題ですね。じゃあ、当事者を呼んできますね」

 

杉浦は、そう言うと、待合室に向かった。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

千葉法律事務所 弁護士

元東京家庭裁判所部総括判事。

1954年生まれ。千葉地方裁判所、新潟地方・家庭裁判所長岡支部、旭川地方・家庭裁判所、東京地方裁判所、青森地方・家庭裁判所八戸支部、東京家庭裁判所、札幌高等裁判所、横浜家庭裁判所での勤務を経て、東京家庭裁判所家事第5部(遺産分割)部総括判事。2019年退官。

裁判官時代、家事事件の中でもとくに遺産分割事件に多く携わる。当事者の納得を得られる調停運営やウィットに富んだ講演に定評がある。2010年に『家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務』の刊行以来、相続分野における著作を多数刊行。

【主な著書等】
『家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務』編著、日本加除出版
『家庭裁判所における成年後見・財産管理の実務』共著、日本加除出版
『改正相続法と家庭裁判所の実務』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 ―物語から読み解く調停進行と実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 面会交流 ―子どもの気持ちに寄り添う調停実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 第2巻 ―改正相続法を物語から読み解く―』共著、日本加除出版

著者紹介

静岡家庭裁判所 次席書記官

1961年生まれ。東京家庭裁判所、横浜家庭裁判所、知的財産高等裁判所等での勤務を経て、2020年現在、静岡家庭裁判所次席書記官。

書記官実務の中でも、とくに家事事件全般に多く携わった家事事件のエキスパート。『実践調停』シリーズでは主に物語部分を手がける。理論的で精緻な筆致と柔らかな感性で色彩豊かなストーリーを描く。

【主な著書等】
『実践調停 遺産分割事件 ―物語から読み解く調停進行と実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 第2巻 ―改正相続法を物語から読み解く―』共著、日本加除出版

著者紹介

横浜家庭裁判所 次席家庭裁判所調査官

1960年生まれ。東京家庭裁判所、横浜家庭裁判所、札幌家庭裁判所等での勤務を経て、2020年現在、横浜家庭裁判所次席家庭裁判所調査官。

家庭裁判所の家事事件、少年事件などの調査を行う家庭裁判所調査官の視点から、とくに、介護や特別寄与の関係を細やかに描く。当事者にとって最もよいと思われる解決方法を検討し、心理的な援助を行うプロフェッショナル。

【主な著書等】
『実践調停 遺産分割事件 ―物語から読み解く調停進行と実務―』共著、日本加除出版
『実践調停 遺産分割事件 第2巻 ―改正相続法を物語から読み解く―』共著、日本加除出版

著者紹介

連載小説「実践調停 遺産分割事件」 ~ストーリーで読み解く改正相続法

本連載における「改正法」は、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成三〇年法律第七二号)」をさします。

実践調停 遺産分割事件 第2巻 改正相続法を物語で読み解く

実践調停 遺産分割事件 第2巻 改正相続法を物語で読み解く

片岡 武

細井 仁

飯野 治彦

日本加除出版

特別寄与料、配偶者居住権、預貯金の払戻しなど改正相続法に則した実務が理解できる! 改正相続法下の遺産分割の解決手法をストーリーと解説で描いた一冊。 <ストーリー> みかん農家を営む寺田信太郎が死亡し、仏壇の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!