「勉強が役に立たない」新人勤務医が初手術で感じた強烈な感情

「手術が好き」ただそれだけだった…。新人外科医:山川が見た、壮絶な医療現場のリアル。※勤務医・月村易人氏の小説『孤独な子ドクター』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、連載していきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

初執刀。実は、同僚の東さんに先を越されていた。

東さんが初執刀をした時、僕は別の手術に入っていたため、見学することはできなかった。僕と東さんは一緒に手術に入ることがほとんどない。手術のメンバーは部長クラスのベテラン、中堅、若手の3人で構成されることが多く、僕と東さんは共に若手に分類されるためだ。

 

東さんは普段の手術中、どのように振る舞っているのだろうか。やはり普段と変わらず堂々としているのだろうか。それとも僕と一緒でオドオドしているのだろうか。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そして、初執刀はどこまで自分でできたのだろうか、最後まで上の先生に取り上げられずに執刀できたのだろうか。怒られたりもしたのだろうか――。

 

東さんが初執刀をして以来、気を抜くとそんなことばかり考えていたが、なるべく気にしないことにした。僕にも近いうちに初執刀の機会が訪れる。まずは自分のことに集中しなければいけない。

 

腹腔鏡手術は録画してビデオに残せるため、後で繰り返し観て復習できる。僕は自分が参加した手術のビデオはなるべくその日のうちに観るようにしていた。

 

そして週末は次の週の術式のビデオを観て予習していた。近いうちに執刀する日がくる。そう思うと、ビデオ学習にも力が入った。

 

普段はビデオを2倍速で流してポイントとなるところだけを等倍速でじっくり観る。そうしないと、とても全ての手術を復習することはできない。

 

しかし、この週末は、過去の腹腔鏡下胆嚢摘出術の中で典型的なものを選んで、最初から最後まで等倍速で観た。途中、分からないところがあれば止めては戻してを何度も繰り返しながら細かく手順を確認した。いつチャンスがきてもいいように準備してきた。

 

「タイムアウトをお願いします」

1991年生まれ。消化器外科医。趣味はプロ野球観戦だが、今は手術の修練や日々の予習・復習に追われており、久しく球場に足を運べていない。ほとんどの時間を仕事に捧げているが決してデキる外科医というわけではない。そんな不甲斐ない自分をいつも励ましてくれるのがもう一つの趣味である小説である。小説の中で頑張っている主人公に出会うと「僕ももう一度頑張ってみたい、頑張れる気がする」と思えてくる。僕もそんな魅力的な主人公を描いて、医師として人の命を、小説家として人の心を支える存在になりたい。

著者紹介

連載孤独な子ドクター

孤独な子ドクター

孤独な子ドクター

月村 易人

幻冬舎メディアコンサルティング

現役外科医が描く、医療奮闘記。 「手術が好き」ただそれだけだった…。山川悠は、研修期間を終えて東国病院に勤めはじめた1年目の外科医。不慣れな手術室で一人動けず立ち尽くしたり、患者さんに舐められないようコミュニ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!