実家の売却金で兄宅をリフォーム…納得いかぬ弟の鬼畜なひと言

高齢な親をほっとけないと、介護を見越して同居をするパターンが増えています。その際、親が暮らしやすいようにとリフォームをした場合、その代金を巡って親族間のトラブルになるケースがあります。編集部に届いたそんな相続トラブルについて、相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の北川聡司税理士が解説します。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

平々凡々な暮らしに、突如1本の電話が……

[登場人物]
母…70代。足腰が弱くなり、日常生活が困難に
長男…50代、既婚、実家近くに在住
長男妻…長男の実家に近いため、義母の世話をよく見にいっている
次男…50代、既婚、東京在住

 

ある地方都市に住むAさんは、二人兄弟の長男。地元の大学に進学し、地元の企業に就職し、そこで現在の妻とであり結婚。自身も「よくある平凡な人生ですよ」と自虐的に話しますが、特に大きなトラブルもなく、平々凡々幸せに暮らしてきました。

 

住んでいるのは、実家から車で10分、徒歩でも30分ほどしか離れていないところ。結婚当初、妻は「お義父さん、お義母さんたちと同居でも構わないわ」といってくれましたが、Aさんの両親から「いずれ子どもが生まれたら、こんなところじゃ狭いから、同居なんてやめとけ」と断られたといいいます。両親なりの気遣いでした。

 

こうして、親とは同居せず、でもお互い気軽に行き来できる関係で、よくある嫁姑問題とも無縁。「お前のうちはいいよな、嫁さんと親が仲良くて……」と周囲から羨ましがられるほどだったといいます。

 

3つ離れた弟は高校卒業と地元を離れ、東京の大学に進学。そのまま都内の企業に就職。仕事で忙しいのでしょう。地元に帰って来て顔を合わせるのは1年に1回、あるか、ないか。男兄弟ということもあり、電話やメールで頻繁にやり取りすることもなく、段々と年に数回、近況報告をする程度の関係だったといいます。

 

「お互い、いい大人ですから。この年になっても仲のいい兄弟というのも気持ち悪いですよね」とAさん。そんなある日のこと、母が病院に運ばれた、という電話を受けました。

 

電話を受けて、すぐに病院に駆けつけたAさん夫婦。自宅の階段で足を滑らして1階まで転げ落ちたという母。幸い、右足の骨折以外は外傷はなく、ベットの上の母は元気そうでした。

 

実家の階段は急で、年老いた母には危険だと感じていたAさん。Aさんの妻もいつかなにかあるんじゃないか、と心配していたところ、母が階段から落ちるという事故。「お義母さんさえ良かったら、同居しない」とAさんの妻がいってくれました。

 

「子どもたちが出ていって部屋も余っているし。リフォームして、お義母さんも住みやすいようにしてあげたら、そのほうが安心じゃない?」

 

お母さん、うちにおいでよ(※画像はイメージです/PIXTA)
お母さん、うちにおいでよ(※画像はイメージです/PIXTA)

 

 

税理士法人ブライト相続 税理士

埼玉県所沢市出身。2008年、みらい会計税理士法人(東京都豊島区)入社。中小企業の法人税・消費税申告、個人事業主の確定申告を中心に、記帳代行、給与計算、年末調整などの事業者向業務に従事。2011年、税理士法人レガシィ入社。200件超の相続税申告、税務調査対応、相続税還付、遺言や家族信託の組成に関する生前コンサルティング、金融機関を中心としたセミナー講師など、相続関連業務に幅広く従事。2020年、税理士法人ブライト相続入社。

著者紹介

連載相続専門税理士が解説する、遺産相続トラブル

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧