「ひとり占めか!」相続放棄撤回の欲深い伯父伯母に、孫が絶句

相続は負債も対象。「借金を相続なんて、たまったもんじゃない」と放棄することもできます。編集部に届いた負債の相続トラブルについて、相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の北川総司税理士が解説します。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

亡くなった祖父に借金が発覚!子どもたちは遺産を放棄

[登場人物]
父(祖父)…今回の事例で他界により相続が発生
長男・長女・次男…仲は良くない。次男はすでに他界
Aさん…祖父の孫であり、次男の子ども

 

「え! 親父にそんな借金があったのか⁉」

 

葬式が一段落つき、親族でお茶を飲んでいた最中。長男の驚いた声が部屋に響きました。

 

長男も長女も、そして孫であるAさんも、亡くなった父(Aさんにとっては祖父)が空室続きの不動産を保有し、結構な額の借金があることがわかったのです。遺産整理中に明らかになったその事実は、まさに蒼天の霹靂でした。なにしろ長男も長女も、ある程度の資産を相続するつもりだったのですから。先ほどまで「誰がどれだけ取り分を貰うか」で争っていた長男たちですが、途端に相続権の押し付け合いに発展します。

 

元々仲の悪い兄妹です。穏やかに話し合いが進むはずもありませんでした。すでに亡くなっている次男とも折り合いが悪かったといいます。当然家族間の交流もなく、Aさんが伯父、伯母である長男、長女と顔を合わせることもあまりありませんでした。

 

必然的に、言い争いはヒートアップしていきます。

 

長女「借金って……しかも、これかなりの額じゃない。不動産が売れたとしても、チャラにならないんじゃない?」

 

長男「相続で借金を抱えるなんて……」

 

長女「まったく、長男なんだから死んだ父親の尻ぬぐいくらい……」

 

長男「お前はいつも都合が悪くなると周りに押しつけやがって!」

 

長女「あんたもそうでしょ! 偉そうにするだけで何もしないじゃない!」

 

Aさん「……僕が借金も含めて相続します。それなら伯父さんと伯母さんもいいですよね」

 

Aさんの父である次男はすでに亡くなっているため、次男の子どもである孫のAさんが相続人になります。Aさんが「自分が相続する」と宣言した瞬間、長男と長女は眼を輝かせました。

 

長男「そ、そうか。ありがとう、A」

 

長女「それじゃあよろしくね、私たちは相続放棄するから」

 

口には出さないものの、「Aが貧乏くじを引いてくれた」と考えたことは明らかです。それでも、Aさんは借金を背負ってでも相続することを決めました。

 

「おじいちゃん、おばあちゃんには、本当にお世話になったので」

 

長男と長女が早々に相続放棄したことで、家財などの処理もすべてAさんが行うことになりました。

 

まずは借金しか生まない不動産を売却して、返済の目途をたてました。しかし、借金全額がチャラになるわけではないことが判明。祖父の住んでいた自宅も売却してしまえば、すべて返済し終わる……そんな見通しに、勢いで「借金を含めて全部相続する」といったことに後悔の念を抱き始めていました。

 

 

税理士法人ブライト相続 税理士

埼玉県所沢市出身。2008年、みらい会計税理士法人(東京都豊島区)入社。中小企業の法人税・消費税申告、個人事業主の確定申告を中心に、記帳代行、給与計算、年末調整などの事業者向業務に従事。2011年、税理士法人レガシィ入社。200件超の相続税申告、税務調査対応、相続税還付、遺言や家族信託の組成に関する生前コンサルティング、金融機関を中心としたセミナー講師など、相続関連業務に幅広く従事。2020年、税理士法人ブライト相続入社。

著者紹介

連載相続専門税理士が解説する、遺産相続トラブル

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧