見学中の他校教師が激怒する、「開成高校の授業」とは?

開成高校は、通常、授業見学を受け入れていませんが、例外的に他校の教師を招いたことがありました。しかし、その授業風景を見た他校の教師は、怒り出してしまったそうです。一体なぜなのでしょうか。今回は、ハーバード大学、東京大学、開成高校のそれぞれで教鞭をとったベテラン教育者で、東京大学名誉教授・北鎌倉女子学園学園長の柳沢幸雄氏が、生徒の知識吸収を加速させる「アクティブ・ラーニング」について解説していきます。※本連載は、『「頭のいい子」の親がしている60のこと』(PHPエディターズ・グループ)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

身になる教育とは、一体どんなものなのか

身になる教育とは、授けた知識がそれぞれの生徒の腹に入り消化され、アミノ酸になって再構成されて、それぞれの血となり肉となり、その生徒の力となって発揮される教育です。教師は、生徒に知識を頭の中で咀嚼させるための伝達技術を持っていることが重要
なのです。

 

小学校低学年の頃などは、先生が「わかる人?」「はーい!」などとやっていた。しかし、1年間に教えるべき知識が多くなる高学年、そして中高生になると、先生は時間が足りなくなってくることもあり、だんだん生徒を指さなくなっていく。すると、パッシブ・ラーニングになってしまう。

 

しかし、本来そこも、先生の技術でカバーすべきなのです。時間があまりないときはいたしかたなく、先生が思っていることを言いそうな生徒を指す。ただし、時間に余裕があるときは、何か突拍子もないことを言うような生徒を指す。そこから知識が発展し、教室がざわめき、議論が生まれ、面白くなっていく。

 

アクティブ・ラーニングは、教える側の技術もとても重要になります。一方通行の知識伝達が横広の教育だとすれば、アクティブ・ラーニングは縦深の教育といえるでしょう。

 

 

書籍の詳細はこちら!
書籍の詳細はこちら!

 

 

柳沢 幸雄

東京大学名誉教授

北鎌倉女子学園学園長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

東京大学 名誉教授
北鎌倉女子学園 学園長 

1947年生まれ。前・開成中学校・高等学校校長。東京大学名誉教授。開成高等学校、東京大学工学部化学工学科卒業。71年、システムエンジニアとして日本ユニバック(現・日本ユニシス)に入社。74年退社後、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士・博士課程修了。ハーバード大学公衆衛生大学院准教授、併任教授(在任中ベストティーチャーに複数回選出)、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て、2011年4月から2020年3月の9年間、開成中学校・高等学校校長を務める。2020年4月より北鎌倉女子学園学園長に就任。

シックハウス症候群、化学物質過敏症研究の世界的第一人者。自身も2人の男子を育て、小学生から大学院生まで教えた経験を持つ。

主な著書に『母親が知らないとヤバイ「男の子」の育て方』(秀和システム)、『東大とハーバード世界を変える「20代」の育て方』(大和書房)などがある。

著者紹介

連載ハーバード・東大・開成で教えてわかった!「頭のいい子」の親の共通点

「頭のいい子」の親がしている60のこと

「頭のいい子」の親がしている60のこと

柳沢 幸雄

PHPエディターズ・グループ

これからの時代は「自分からの学び」を生み出すことが最大の力になります。 論理的に考える力、問題を解決する能力、世界を見据える力、リーダーシップ、そこから生まれる「生きる力」を身につけましょう。逆境に負けず、ど…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!