[連載]ハーバード・東大・開成で教えてわかった!「頭のいい子」の親の共通点

リーダーになる資質とは、「自己肯定感」が高いことである。自分のあり方を積極的に評価できる感情が土台に備わっていることで、外部からの評価に惑わされることなく、なんにでもチャレンジできる「決断力」を持った子に育つのだ。ここでは、ハーバード・東大・開成で実際に教育経験がある柳沢幸雄氏による、「頭のいい子」に育てるための親の教育方法を使える。※本連載は、東京大学名誉教授・北鎌倉女子学園学園長の柳沢幸雄氏の書籍『「頭のいい子」の親がしている60のこと』(PHPエディターズ・グループ)より一部を抜粋、再編集したものです。

本連載の著者紹介

東京大学 名誉教授
北鎌倉女子学園 学園長 

1947年生まれ。前・開成中学校・高等学校校長。東京大学名誉教授。開成高等学校、東京大学工学部化学工学科卒業。71年、システムエンジニアとして日本ユニバック(現・日本ユニシス)に入社。74年退社後、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士・博士課程修了。ハーバード大学公衆衛生大学院准教授、併任教授(在任中ベストティーチャーに複数回選出)、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て、2011年4月から2020年3月の9年間、開成中学校・高等学校校長を務める。2020年4月より北鎌倉女子学園学園長に就任。

シックハウス症候群、化学物質過敏症研究の世界的第一人者。自身も2人の男子を育て、小学生から大学院生まで教えた経験を持つ。

主な著書に『母親が知らないとヤバイ「男の子」の育て方』(秀和システム)、『東大とハーバード世界を変える「20代」の育て方』(大和書房)などがある。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧