池袋の隣「豊島区目白」学習院裏・高級レジデンスの家族の姿

日本各所に点在する、高級住宅地。どのようにして高級住宅地となったのか、その資産価値はどれくらいなのか。富裕層が住む、知られざる高級住宅地のストーリーを紐解いていきます。今回ご紹介するのは、豊島区目白。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

目白の歴史を紡ぐ、学習院と尾張徳川家

巨大ターミナル「池袋」からJR山手線でひと駅の「目白」。近接する「文京区目白台」とともに、学習院大学や日本女子大学、川村学園などの教育機関や幼児教育の私塾が集積するため、アカデミックな印象も強い高級住宅地です。

 

目白の街並み(※画像はイメージです/PIXTA)
目白の街並み(※画像はイメージです/PIXTA)

 

元々は徳川幕府の狩場・狩猟場だった地域。その周りを守るように大名や旗本の屋敷が建てられました。明治時代以降はその屋敷を利用して華族や文化人が邸宅を構えたことで、高級住宅地としての地位を確立しました。

 

そんな「目白」の象徴的な存在であり「目白1丁目」の大半を占める「学習院大学」は、1847年、京都御所の東側に公家の教育機関として設けられた学問所が起源。1877年、神田錦町に皇族・華族のための教育機関としてあらためて開校し、1908年に目白の地へと移転してきました。

 

緑豊かなキャンパスには、明治天皇の行幸を記念して造られた前方後円風の「御榊壇」や、第10代院長・乃木希典が学生と寝食を共にした「乃木館」、朝香宮邸(現東京都庭園美術館)などを手がけた宮内省内匠寮技師の権藤要吉による「西一号館」など、深い歴史を感じさせる施設が点在。大学内の施設ですが、格式高い街の雰囲気を醸し出す要素になっています。

 

その敷地に隣接するのが、2006年に建てられた「目白ガーデンヒルズ」。優れた意匠の設計により、グッドデザイン賞を受賞したレジデンスで、都心では稀な11,621m2もの敷地、400戸近い規模を誇ります。著名人や元皇族が住むことでも知られ、近年、目白のブランドをさらにワンランク高いものにしたと評判を呼びました。

 

さらに目白を語るうえで欠かすことのできないのが、徳川御三家の尾張徳川家です。19代目当主・徳川義親氏は、1931年、代々伝わる美術品や資料の管理などを目的に「尾張徳川黎明会」を設立。目白を本拠地にします。1934年には英国チューダー様式の木造2階建ての邸宅が現在の目白三丁目に完成し、それまで住んでいた麻布富士見邸(現・駐日フランス大使館)から越してきました。この邸宅の設計は「銀座和光」などを手掛けた渡辺仁。邸宅は1968年に長野県南佐久郡南牧村に移築され、現在は「八ヶ岳高原ヒュッテ」として親しまれています。

 

[図表1]目白周辺図

【3月開催のセミナー】

 

【3/16開催】土地活用「長期安定収益」の決定版!「サ高住経営」成功の秘訣

 

【3/19開催】〈減らさない相続対策〉の盤石スキーム不動産・現預金・暗号資産 etc…

 

【3/20開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【3/20開催】小口の好立地不動産投資で実現…賃貸経営リスクを抑えた「相続対策」

 

【3/20開催】年利10%の高配当&GAFA超え誕生に期待!「ナイジェリア」株式投資

 

【3/20開催】相続市場を狙って「利回り20%」「1年以内に売却益◎千万」を獲得!

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載富裕層の住む街

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧