かつて「社長の多い街・3位」だった「練馬区大泉学園」のいま

日本各所に点在する、高級住宅地。どのようにして高級住宅地となったのか、その資産価値はどれくらいなのか。富裕層が住む、知られざる高級住宅地のストーリーを紐解いていきます。今回ご紹介するのは、練馬区大泉学園。

【無料】メルマガ登録はコチラ

20年前は田園調布、成城に続く高級住宅街だった

大泉学園町の高級住宅地に隣接する、都立大泉中央公園近くの桜並木/PIXTA
大泉学園町の高級住宅地に隣接する、都立大泉中央公園近くの桜並木/PIXTA

 

西武鉄道池袋線「大泉学園」。駅前の再開発により商業施設が集積し、「池袋」まで15〜20分という利便性からファミリー層から人気を集めている街です。近年ではアニメを活用した地域活性化により、国内のアニメファンはもちろんのこと、ジャパニーズアニメの聖地として、海外観光客の来街も増えていました。

 

そんな賑やかな駅の北口から車で15分、徒歩であれば30〜40分ほどいったところにある「大泉学園町」。その6丁目から8丁目にかけては、駅からの道のりに広がっていた住宅街とは一線を画する、整然とした街並みが広がります。

 

戦後にかけて、練馬区一帯は急激に増加する東京の人工の受け皿として、田畑が宅地化。計画的というよりもアメーバー状に広がっていった感があり、郊外とはいえ、道が入り組んでいたりと、決して道路状況はいいとはいえません。

 

しかし前出の「大泉学園町6〜8丁目」とその一帯は、格子状に区画され、明らかに計画的に開発された雰囲気が漂います。実はこのあたり、2003年の「社長の住む街」ランキングでは、大田区田園調布、世田谷区成城に続いて、第3位にランクインする高級住宅街。誰もが認める富裕層が住む街だったのです。

 

明治時代、大泉学園町エリアは埼玉県の一部で、小榑(こぐれ)村と呼ばれていましたが、1891年に埼玉県から当時、東京府に併合されたことがきっかけで、大泉村と名称が改められました。

 

開発のきっかけは、当時、東急電鉄における「都立大学」や「学芸大学」、小田急電鉄における「成城学園前」と同様に、高等教育機関を誘致して沿線開発に弾みをつけようとする、鉄道会社の経営戦略によるものです。

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載富裕層の住む街

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧