田園調布より歴史ある「大田区山王」富裕層に愛された街の今

日本各所に点在する、高級住宅地。どのようにして高級住宅地となったのか、その資産価値はどれくらいなのか。富裕層が住む、知られざる高級住宅地のストーリーを紐解いていきます。今回ご紹介するのは、大田区山王。

古くは郊外の別荘地として人気だった高級住宅地

京浜東北線、「大井町」と「蒲田」に挟まれた「大森」。明治時代、アメリカ人の動物学者・エドワード・S・モースが発見した大森貝塚で知られていますが、駅の西側、なだらかな台地が展開されている大田区山王地区は、都内でも有数の高級住宅地として知られています。

 

山王地区と隣接する、大森貝塚(大田区側)記念碑/PIXTA
山王地区と隣接する、大森貝塚(大田区側)記念碑/PIXTA

 

「山王」の地名は、駅の北側にある「大森山王日枝神社」に由来しますが、浮世絵師の安藤広重が「名所江戸百景 八景坂鎧懸松」という作品を残すなど、古くから高台から海を望む景勝地として知られていました。

 

住宅の開発は明治時代に入ってから。大田区の高級住宅地といえば田園調布が有名ですが、山王地区はその開発よりも30年以上も前のこと。1889年に東海道線が全線開通したころから、内閣総理大臣を務めた桂太郎、西園寺公望、清浦奎吾、芦田均など、政治家や実業家を中心に、この地に別荘として邸宅を構えるようになります。

 

また1884年には、現在の天祖神社の裏手に、郊外随一の遊園地である「八景園」が誕生。遊園地といっても、さまざまな遊具が配されたものではなく、わらぶきの家屋のほか、桜や梅の木が植えられた、いまでいう風光明媚な公園といった趣きのもの。駅東側の海水浴場や鉱泉とともに、大森一帯は行楽地として栄えていきました。多くの人を楽しませた「八景園」は、閉園後、1922年からは住宅地として分譲がはじまります。

 

さらに1889年には、現在の大森二丁目に、明治天皇の御下賜金を受け、西郷隆盛の実弟である西郷従道によって「大森射的場」が開かれました。さらに大正時代に入ると、敷地内に2面のテニスコートが設けられます。周辺の宅地化が進むなか、射撃には適さない土地となり、多くが分譲されるように。一方、テニスコートは残り、名門として知られる「大森テニスクラブ」の基盤となりました。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載富裕層の住む街

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!