「床下浸水被害」から家を守る方法とは?特殊清掃のプロが解説

日本は台風が多く、水害に遭いやすい国です。さらに、猛烈な雨(1時間降水量80mm以上の雨)の年間発生回数も増加傾向にあります。年平均気温の上昇、地球温暖化の影響により、短時間に強い雨が降る頻度も増えるため、今後も水害被害にあう可能性は高くなっています。どのような点に流域して本記事では、特殊清掃のプロ集団である「特掃隊」の連載「HOW TO コラム」より、家を守るために必要な知識は何か、解説します。今回は床下浸水を防ぐために効果的な対処法について見ていきましょう。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

浸水は「家の基礎」と深く関係している

2018年の西日本豪雨では、床上浸水・床下浸水の被害はおよそ35,000棟。2019年の台風19号では、西日本豪雨を上回る7万棟近くが被害にあったと言われています。こうした被害を防ぐためには、水を侵入させないことが一番重要です。

 

一番重要なのは「水を侵入させない」こと
一番重要なのは「水を侵入させない」こと

 

私たちが長年、水害消毒のご依頼をいただいているなかで、注意すべきポイントは「ベタ基礎」と呼ばれる家の土台部分だと考えています。

 

家の基礎は主に2種類あり、「ベタ基礎」と「布基礎」に分けられます。お住まいの基礎により水害対策の方法が変わるため確認しておきましょう。

 

出典:特掃隊HP「HOW TO コラム」
[写真1]ベタ基礎 出典:特掃隊HP「HOW TO コラム」

 

ベタ基礎は防湿基礎とも呼ばれており、床下全体にコンクリートを打って作る工法になります。最近では、ベタ基礎で造られている家がほとんどです。ベタ基礎メリットとしては、以下のような内容が挙げられます。

 

・建物の重さが分散されるため、高い安定性がある
・地面からの上がってくる湿気や白アリを予防できる

 

ただし、水位が低い場合、ベタ基礎のほうが被害は少ないのですが、一定の水位を超えるとベタ基礎のほうが被害が大きくなってしまいます。

 

出典:
[写真2]布基礎 出典:特掃隊HP「HOW TO コラム」

 

布基礎は、建物の壁に沿ってコンクリートを打って作る工法です。縦に伸びる「基礎梁」の部分と、横に広がる「フーチング」の二つからなる逆T字型の基礎で支えます。日本の木造建築住宅では、布基礎が採用されていました。布基礎は鉄筋やコンクリートなど、ベタ基礎と比べると使う資材が少ないため、コストが抑えられることがメリットです。

 

しかし、家の重さが集中してしまったり、建物が古くなるとバランスが崩れてしまったりする可能性があるため、布基礎の家はベタ基礎よりも軒数より少ないです。

 

また床下が土の布基礎で浸水が起きた際、ベタ基礎のように汚水を水で洗い流せないため、対応に時間がかかります。

 

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

長年特殊清掃業界に携わる業者同士で「お客様の為になる業界でありたい」という思いから発足。HPを通じて、常日頃お客様が不安に思うことや疑問に感じていることに対して、加盟業者が様々な情報を提供し、お客様が安心して利用できる「特殊清掃の業界づくり」を目指している。

著者紹介

連載「孤独死や天災から家を守るためには?」特殊清掃のプロ集団が解説!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧