投資のプロが語る「資産形成は『日本円』にこだわるな」の真相

「損をしてしまうかもしれない」という考えから、外貨を持たず、日本円のみで資産管理している日本人は少なくありません。しかし、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社 グローバル資産形成研究所、日本円だけで資産を管理することは「人生100年時代に備えるにあたって大きな損失になる」と述べています。今回は、お金・資産に関する「思い込み」に、自ら気付く重要性について解説します。

自分で気付くべき、資産形成の「思い込み」

これからの時代は「人生100年時代」といわれます。人生80年として「教育→仕事→引退」という3ステージで考えられた時代は終焉を迎え、今後は個人の人生設計や社会構造が大きく変貌していく、というものです。

 

長寿化は我々にとって新たなチャレンジですが、これから訪れる変化のなかで我々の豊かさと幸せを育んでゆくには、過去の成功したモデルや思考を見つめ直すことが大事になってきます。

 

我々の幸せな人生にとって不可欠なお金やそのための資産形成に関しても、これからの時代に合ったマインド・セット(思考様式・考え方)へ変化させてゆくことが、大切になっていくでしょう。ただし、今持っている自分の考え方を変えていくのは、なかなか難しいものです。

 

今回は、資産形成・投資に関して、過去の自分の「思い込み」を変えることの難しさと大切さを、私自身の体験談も踏まえて、ご紹介したいと思います。

 

「思い込み」とはなんでしょうか?

 

それは、自分では気づいていない潜在意識・無意識の事です。海上に浮かんで見える氷山(意識)は、海中に沈んで見えない氷山全体(潜在意識・無意識)の一角でしかなく、我々の行動の約9割は、海の下にあるものに支配されているといわれます。

 

私たちは、自身の「思い込み」に基づいて行動を起こします。これは、お金の準備や投資の選択ついても同じです。そして、「思い込み」を変えることは、誰にとっても簡単なことではありません。私も、お金についての「思い込み」を変えるのに大変な苦労をしてきました。

 

その理由は、私たちはついつい、過去や目の前に見えている事例に引きずられて、マインド・セットを作ってしまうからです。そして、自分が何かを思い込んでいるのを気付くことも、なかなか難しい訳です。特にお金の話は、大変センシティブな話題ですので、それに気付く機会も少ないかもしれません。

 

あなたも、まだ気付いていないかも (画像はイメージです/PIXTA)
あなたも、まだ気付いていないかも
(画像はイメージです/PIXTA)

 

そんななかで、私がこれまでの自身の「思い込み」を見つめ直し、資産形成へのマインド・セットが代わり、自分の行動に自信をもてるきっかけになった「驚き」の経験に関してご紹介します。

インベスコ・アセット・マネジメント株式会社 

日本にグローバルな資産形成が根付くための啓発活動として、人生と社会を豊かで幸せにする投資の本質に関する情報発信を行う。インベスコのグローバルネットワークを活用した情報収集及び調査、各種レポート・コラム・書籍執筆、 セミナー講演、 社会貢献イベントなど。

著者紹介

連載インベスコ・グローバル資産形成研究所レポート「100年時代のお金について考える」

※本記事は、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社のインベスコ グローバル資産形成研究所レポート「100年時代のお金について考える」Vol.6として公開されたものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧