東京23区3109町丁を徹底比較「犯罪データ」にみるキケンな街

家賃、交通の利便性、生活環境……住まいのエリアに求める条件は人それぞれ。後悔しないためにも、さまざまな視点から、比較・検討することが重要です。今回は犯罪データから東京23区の治安をみていきます。

最も犯罪が多いのは、日本一の繁華街「新宿」

ひと口に東京といってもさまざまな街があり、さらにひとつの街のなかでも、エリアによって大きく印象が異なります。「駅のこちら側は雰囲気がいいけど、その反対はキケンなかおりがする……」ということも珍しくありません。

 

地域の安全性を考えていくのに役立つのが、警視庁が公表している「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」です。地域で発生した犯罪の件数を、手口別にみていくことができ、検討エリアの治安を客観的に捉えることができます。

 

もちろん、数字が良ければ絶対に犯罪に遭遇しないとはいえませんし、数字が悪いからといって犯罪に巻き込まれるとも限りません。ただひとつの判断基準として、知っておいて損はないでしょう。

 

まずは犯罪認知件数の総数(図表1)をみていきましょう。ワースト1は、「新宿区新宿3丁目」。繁華街・新宿のなかでも、百貨店やショップが集積し、最も人通りの多いエリアです。続いて渋谷・センター街を中心にNHKに至る、渋谷の中心的エリア「渋谷区宇田川町」。3位は「新宿区歌舞伎町1丁目」。日本一の歓楽街、歌舞伎町の入り口にあたり、多くの飲食店が集積しているエリアです。

 

出所:警視庁平成31年「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」
[図表1]東京23区3109町丁、犯罪認知件数総数ベスト20 出所:警視庁平成31年「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」

 

上位は新宿、渋谷、池袋と、飲食店が集中しているエリアで、実際に飲みに出かけたこともある街ではないでしょうか。なかには、トラブルに巻き込まれたり、ヒヤッとする場面に遭遇した人も多いかもしれません。誰もが「治安は良くない」と感じるエリアなので、結果に意外性はないでしょう。

 

10位以内で、3地域以外は以下の2地域。街の雰囲気は異なりますが、利用者の多い駅やその隣接地域で、東京23区のなかでも人通りの多いエリアです。

 

6位「千代田区丸の内1丁目」:「東京」駅と、駅丸の内側北西、「新丸の内ビルディング」含むエリア

 

7位「大田区蒲田5丁目」:「蒲田」駅東口、細い路地に飲食店が集積するエリア

 

------------------------------------------------------------------------
[PR]資産形成の最適解「新築アパート経営」の特集を読む
入居率99%をずっと続ける!人生100年時代の「新築アパート経営」

------------------------------------------------------------------------

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧