「俺がもらう」長男の暴挙に妹絶句…兄妹絶縁させた母の遺産額

相続で家族がもめるなんて大金持ちだけの話だと思っていませんか。実際には、むしろ遺産が少ないからこそ「争族」が起きてしまうのです。ここで紹介する家族は、株や現金を合わせて約500万円しか遺産がありませんでした。それでも「争族」になった理由とは? ※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会代表理事・江幡吉昭氏の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

仲良し兄妹が…なぜ母は何も残せなかったのか?

■もめごとなく収まった父親の遺産相続

 

「ごめんね。父さん、遺言を残していなかったの」

 

母の昌代は、父の死後、長男と3人の姉妹がそろった席で遺産分割について重い口を開いた。自宅敷地内の二世帯住宅に暮らす長男の良一は、母親をねぎらいながら3人の姉妹に話しかけた。

 

「お母さんが謝ることじゃないんだから気にしないでよ」「そうよ。お父さんが亡くなって一番つらいのはお母さんなんだから、そんな顔をしないで」

 

長女の裕子も母を慰める。つかの間、場は重い空気につつまれた。

 

末っ子で小さい頃から自由に育てられた三女の由美は、みんなの顔色をうかがいつつ、誰かが話を切り出すのを待っている。沈黙を破ったのは、4人の中で最もマイペースであまり空気を読まない次女の由紀子だった。

 

仲良し兄妹だったのに、悲劇は突然訪れた。(※写真はイメージです/PIXTA)
仲良し兄妹だったのに、悲劇は突然訪れた。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「要するに、どうやって遺産を分けるのかって話でしょ。遺言がないのに、みんなが文句ないように分けるには、どうすればいいのか決めればいいんでしょ」

 

「それはそうだけど、こういうのは初めてだからどうしていいかわからないの、ねぇ良一」

 

母が長男に目配せする。

 

「実は家族会議する前に母さんと話し合ったので、その内容を説明したいんだけどいいかな」

 

良一はそう言うとメモ帳を開き、全員に向かって説明を始めた。彼が説明した遺産分割の主旨は、残された父の遺産とその評価額を提示したうえで、自宅は長男が受け継ぎ、現金は3姉妹が1人当たり約1000万円ずつ分け、その他の不動産や株等の財産は母親が相続する――というものだった。

 

話を聞き終えて、由紀子は口を開いた。

一般社団法人相続終活専門協会 代表理事 

大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、英スタンダードチャータード銀行にて最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、経営者層の税務・法務・ 財務管理・資産運用を行う「アレース・ファミリーオフィス」を設立。以降、3000件以上の相続案件を手がけた「相続のプロ」。数多くの相続争い(争族) を経験するなかで、争族を避けるノウハウを確立。そうした知見を幅広く認知してもらう目的で「一般社団法人相続終活専門協会」を設立し、代表理事に就任。

著書『プロが教える 相続でモメないための本』(アスコム刊)などがある。

著者紹介

連載相続専門家が解説!泥沼トラブル事例7選

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧