「ズルいだろ」亡母の2500万円…弟の取り分に高卒長男が激怒

東京都在住の清子さんは、夫の遺産相続時に子どもたちがもめたことを教訓として、生前に公正証書遺言を作成しました。ところが清子さんの死後、長男は「こんな遺言は認めない」と激高。この「争族」の背景にあったのは、兄弟間の収入格差と怨恨(えんこん)でした。 ※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会代表理事・江幡吉昭氏の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

「正式な遺言」を堂々と無視する長男…収入格差の怨恨

【登場人物】(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)

■被相続人

母:清子(92歳、東京都在住)

 

■相続人

長男:一樹(70歳、別荘地に居住、元サラリーマン、現在は年金受給者)

次男:淳次(66歳、神奈川県在住、元エリートサラリーマン)

次男の妻:由紀子(62歳、専業主婦)

 

■遺産

都内の自宅(約4000万円)、現預金約2500万円

※別荘(約1200万円)は父死亡時に長男が相続済み

 

 

■母の遺言に納得のいかない長男が激高

 

「そんなのおかしいだろ! お前の方が裕福なのに、なんで俺より相続分が多いんだよ」

 

長男の一樹は母親の遺言に目を通すなり、いきり立った。

 

「これは法的にも有効な遺言なんだから、そんな言いがかりをつけても仕方ないだろ」

 

次男の淳次は一樹をなだめにかかる。しかし一樹の怒りはおさまらなかった。

 

長男は弟が許せなかった。(※写真はイメージです/PIXTA)
長男は弟が許せなかった。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「だいたいお前は東京の大学を出してもらって仕送りまでしてもらったろ。その学費と仕送りだけでいくらかかったと思ってるんだ。年間200万円にしても800万円じゃ済まないだろ。俺は高卒で就職したんだよ。一銭ももらわず苦労したんだよ。それなのに、なんで遺産までお前の方が多いんだよ、これで納得しろったってできるわけないだろ」

 

さっきから同じ話を壊れたレコードのように繰り返す一樹。げんなりした淳次は突き放すように答える。

 

「まだその話を蒸し返すか? その件は父さんの相続の時にカタがついたはずだろ」「ちょっと二人とも冷静に。ここで言い合っても解決するわけじゃないし……」

 

ここで淳次の妻の由紀子が仲裁に入るが、一樹の激高は止まらない。

 

「あんたは口挟まないでくれるか。これは俺たちの問題なんだ。何様のつもりだ?」

 

妻に向かって怒鳴られては、淳次も黙っていない。

 

「いや、そもそも話し合いになっていないだろ。兄さんだって別荘を相続したくせに、自分だけ損したような言い方はよしてくれないかな?」

 

「あんなボロ別荘、もう価値はゼロだよ。じゃあ別荘はお前にくれてやるから、母さんの遺産は放棄しろよ」

 

「本気で言ってんのか? めちゃくちゃだな」

一般社団法人相続終活専門協会 代表理事 

大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、英スタンダードチャータード銀行にて最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、経営者層の税務・法務・ 財務管理・資産運用を行う「アレース・ファミリーオフィス」を設立。以降、3000件以上の相続案件を手がけた「相続のプロ」。数多くの相続争い(争族) を経験するなかで、争族を避けるノウハウを確立。そうした知見を幅広く認知してもらう目的で「一般社団法人相続終活専門協会」を設立し、代表理事に就任。

著書『プロが教える 相続でモメないための本』(アスコム刊)などがある。

著者紹介

連載相続専門家が解説!泥沼トラブル事例7選

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧