「騙された!」認知症母と長男の酷い末路。遺産5000万円が...

自分で書いた遺言に驚き、遺言内容を変更したことで「争族」が起きてしまったケース。この母親は「長子が跡継ぎ」という昔ながらの考えに基づき、全財産をすべて長男に譲ると宣言し、その内容を自ら遺言に書いていたはずですが、ある事件をきっかけに豹変してしまいました――。 ※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会代表理事・江幡吉昭氏の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

母から激高の電話。話を聞くと何やらおかしな点が…

【登場人物】(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)

■被相続人

母:初江(89歳、東京都在住)

 

■相続人

長女:和美(66歳、東京都在住)

長男:太一(63歳、東京都在住)

次男:良次(62歳、東京都在住)

次女:佳美(60歳、東京都在住)

 

■遺産

自宅(約8000万円)、現預金5000万円、生命保険多数

 

 

■「長男が遺言を偽造した」と言い出した母親

 

「もしもし、あ、お母さん? うん、どうしたの、なに? ちょっと落ち着いてよ」

 

日曜日の早朝、母の初江から突然の電話を受けた長女の和美は、心がざわついた。いつも温和な母が、激高した声で電話してきたからだ。

 

「私は太一に騙(だま)されているのかもしれない」

 

言っている内容も唐突すぎる。いったい何があったというのか。

 

「お兄ちゃんに? どういうこと、何があったの?」

 

震える声を抑えながら和美は問い返す。

 

「遺言が出てきたのよ、タンスの引き出しから」「遺言って……お母さんが自分で書いたんでしょ?」

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「ちがうの。私が書いた遺言じゃないの。だって、全財産を太一に相続させるなんて書いてあるのよ? こんなの書いた覚えはないのに、そういう内容になってるのよ。きっと、太一が偽造したに違いないわ」

 

和美は受話器を握りしめたまま、言葉を失った。これは……もしかすると、母の認知症がはじまってしまったのではないか? 不安がよぎる。なにしろ初江は、以前から「長男の太一にすべての財産を相続させる」という内容の遺言を書いたと、子どもたちの前で公言していたからだ。

 

自分で書いたはずの遺言を見つけて、「太一が偽造した」などと激怒する母に和美は戸惑いを隠しきれなかった――。

一般社団法人相続終活専門協会 代表理事 

大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、英スタンダードチャータード銀行にて最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、経営者層の税務・法務・ 財務管理・資産運用を行う「アレース・ファミリーオフィス」を設立。以降、3000件以上の相続案件を手がけた「相続のプロ」。数多くの相続争い(争族) を経験するなかで、争族を避けるノウハウを確立。そうした知見を幅広く認知してもらう目的で「一般社団法人相続終活専門協会」を設立し、代表理事に就任。

著書『プロが教える 相続でモメないための本』(アスコム刊)などがある。

著者紹介

連載相続専門家が解説!泥沼トラブル事例7選

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧