「話が違う!」次男激怒…亡姉の6000万円巡り貧困長男が豹変

経営者として収入も多かった兄は、常々「財産はいらない」と言っていた。しかし、東日本大震災で人生設計が大きく崩れた結果、姉が亡くなったときに突如「財産を半分もらう権利がある」と言いだし、「争族」に発展――。 ※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会代表理事・江幡吉昭氏の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

「財産はいらない」と言っていた兄が手のひら返し

【登場人物】(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)

■被相続人

姉:千恵子(81歳、元私立有名大学教授、東京都在住)

 

■相続人

兄:雄一郎(77歳、元個人事業主、大阪府在住)

弟:誠二(75歳、元大手金融機関サラリーマン、定年退職者、東京都在住)

 

■遺産

都内に戸建て自宅(約4000万円)、現預金6000万円

 

 

■羽振りの良かった兄が豹変(ひょうへん)

 

「それは遺産をもらいたいっていう意味なの?」

 

弟の誠二は思わず聞き返した。兄の雄一郎が発した言葉があまりにも意外だったからだ。

 

「当然だろ。俺は法定相続人なんだから、財産を半分もらう権利があるんだぞ」

 

雄一郎は、誠二から視線をそらしながら不服そうに返答した。

 

「だって、前はいらないって言ってたよね。介護も手伝ってないから、財産は全部お前が相続すればいいって」「覚えてないな。仮にそんな口約束してたとしても、いまさら何の効力もないだろ。それより俺は法律で認められた相続人なんだから、それがすべてだよ」

 

これを聞いた誠二は完全に頭に血がのぼった。

 

「今さら何言ってんだよ。しかも、財産を半分よこせってどういうことだよ。俺たちがこの10年間、姉ちゃんの介護でどれだけ大変な思いをしたか、わかってないだろ。兄ちゃんは一度だって手伝いに来たことないし、援助だってしなかったのに。金だけよこせなんて通るかよ」

 

金を巡り長男は変貌した。(※画像はイメージです/PIXTA)
金を巡り長男は変貌した。(※画像はイメージです/PIXTA)

 

「法律で決まってるんだから仕方ないだろ。議論するだけ無駄だ。さっさと財産を処分して半分ずつ分けようぜ」「ふざけるなよ! 俺は絶対認めないからな」

 

血を分けた兄弟だからこそ引くに引けない「争族」は、こうしてはじまった――。

一般社団法人相続終活専門協会 代表理事 

大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、英スタンダードチャータード銀行にて最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、経営者層の税務・法務・ 財務管理・資産運用を行う「アレース・ファミリーオフィス」を設立。以降、3000件以上の相続案件を手がけた「相続のプロ」。数多くの相続争い(争族) を経験するなかで、争族を避けるノウハウを確立。そうした知見を幅広く認知してもらう目的で「一般社団法人相続終活専門協会」を設立し、代表理事に就任。

著書『プロが教える 相続でモメないための本』(アスコム刊)などがある。

著者紹介

連載相続専門家が解説!泥沼トラブル事例7選

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧