「有名大学&一流企業」成功の方程式…令和で通用しない現実

近年、「副業」が世間の高い関心を集めている。不景気で実収入の減少に加え、増税も後押しし、ますます家計を圧迫する現状が続く。自身も多数の副業を手掛ける俣野成敏氏が、将来に不安を感じるすべてのサラリーマンに「副業」のメソッドを紹介する。本連載は俣野成敏著『サラリーマンを「副業」にしよう』(プレジデント社)から一部を抜粋した原稿です。

高給サラリーマンが過去の遺産に…

今では信じられないことかもしれませんが、かつてはサラリーマンをしていることが、間違いのない人生戦略だった時代がありました。いわゆる「高度経済成長期」と呼ばれていた時期が、それに当たります。当時、人々は「名の通った大学に入って」「一流企業に入社する」ことに、心血を注いでいました。そうすることで、終身雇用と数千万円の退職金が手に入り、悠々自適の老後が約束されたも同然だと思われていたからです。

 

ちょうど、日本中の土地も値上がりしていましたので、入社して数年でマイホームを買い、後にそれを売却すれば、ひと財産つくることも可能でした。「郵便局の通常貯金にお金を寝かせておけば、年に約5%、 10年定期では約12%の利息が付いた」という、今からすると信じられないような時代が、日本にもあったのです。

 

それが、昭和という時代でした。しかし、令和となった今では、その“成功の方程式”も、すっかり過去のものになっています。わずか30〜40年ほどの間に、世の中は激変しました。終身雇用が機能していた時代、サラリーマンは一度入社すれば、定年まで勤め上げるのが当たり前。いわば、自分の人生と引き換えに、会社に老後まで面倒を見てもらっていたようなものでした。

 

過去の遺産となりつつある「終身雇用制度」。(※写真はイメージです/PIXTA)
過去の遺産となりつつある「終身雇用制度」。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

それが今では、リタイヤまでに何度か転職することは珍しいことではなくなりました。現在は正社員といえども、右肩上がりの昇給など、望むべくもありません。大部分の人が、就く役職もない“飼い殺し”の状態です。

 

年金制度も、毎年のように改変されています。サラリーマンの年金は、かつて 「確定給付型企業年金」といって、あらかじめもらえる額が決まっており、不足した場合は会社が補填してくれていました。現在では、「確定拠出年金」に順次、切り替えが行われています。確定拠出年金になると、自分の年金は、自分で運用しなければなりません。

 

これまで多くのサラリーマンは、給料が上がらない代わりに、残業をすることで、不足分を補ってきました。しかしこれも、働き方改革が施行されることで、残業させてもらえなくなりました。

 

そもそも働き方改革とは、日本経済の再生に向けてつくられた「労働生産性を改善するための最良の手段(首相官邸HP)」という位置づけです。働く人の視点に立った改革と言いながら、実際は、企業の生産性を高めるのが目的なのです。とどのつまり、働き方改革の本質とは、自己責任の推進です。

 

「国も、会社も、老後の面倒は見ません(再雇用するから元気に働きましょう)」「老後資金は、自分でなんとかしてください(自分で2000万円を用意してね)」

 

「正規雇用と非正規雇用は、待遇が同じになります(いずれ正社員は死語に)」

「年齢や勤続年数は、評価の対象になりません(労働生産性向上のためです)」

「規定時間の給与は払います(残業は無しにしてください)」

「足りない分は、自分でなんとかしてください(時間はありますよね?)」

 

こういった声が聞こえてきそうなご時世です。

ビジネス書著者
投資家
ビジネスオーナー

30歳の時にリストラに遭遇。同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の中で現役最年少の役員に抜擢、さらには40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。独立後は、フランチャイズ2業態6店舗のビジネスオーナーや投資家としても活動。投資にはマネーリテラシーの向上が不可欠と感じ、その啓蒙活動にも尽力している。『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』を4年連続で受賞している。2020年より、サラリーマン以外の本業をつくるための副業オンラインアカデミー『The Second Phase(TSP)』を創設

著者紹介

連載脱「平凡なサラリーマン」! 副業で収入アップ術

サラリーマンを「副業」にしよう

サラリーマンを「副業」にしよう

俣野 成敏

プレジデント社

「老後2000万円問題」「働き方改革」「残業規制」…等々。政府も会社も「自助努力でなんとか生きよ」と突き放す中、コロナ・ショックによる「リストラ」が、さらに追い討ちをかけています。一方で、自己責任の名のもとに「副業…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!