父と弟を「会社から追い出す」…兄がクーデターを起こした内情

兄弟で仲よく事業を継いでほしかった父だが、兄によるクーデターが勃発!? 本記事は、和田晢幸氏の著書『たった半年で次期社長を育てる方法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

兄弟2人で仲よく会社を経営してほしかったが…

いくつもの領域で事業を手掛けているA社。創業は1955年で、もと元は自転車店でしたが、創業者のO氏は積極的に事業領域を拡大し、飲食店や清掃業など、さまざまな分野に進出していました。

 

O氏にはT氏とK氏という2人の息子がおり、両名ともA社の執行部に勤務していました。O氏としては、ゆくゆくは兄弟2人に事業を譲り、仲よく会社を経営していってほしいという希望がありました。

 

兄のT氏は、30代後半で専務となり、実質的には経営の全権を担う立場で会社運営を行っていました。弟のK氏は取締役として、兄をサポートしていました。

 

それまでは、T氏とK氏の兄弟仲はさほど悪くはありませんでした。性格がまったく違うことも、互いにない視点を補い合う長所として機能していました。

 

しかし、事業承継の段階になると、この兄弟仲に大きな亀裂が入ります。

 

徐々にT氏に権力を譲ってきていたO氏は、事業承継時には名目上の代表者というポジションにありましたが、継承後の経営を巡って、T氏と対立しました。T氏とO氏は経営者タイプも職種タイプも違うこともあって、事業に対する考え方が根本から異なっていましたが、それに加えてお互いに自分の考えを曲げなかったことも、衝突の原因でした。

 

O氏はむしろ弟のK氏と考え方が近く、経営者タイプも職種タイプも同じでしたが、後継者としてはやはり兄であるT氏を推そうと考えていました。あくまで兄弟一緒に会社を盛り立ててほしかったので、K氏にはT氏をサポートし、会社を盛り上げてくれるよう、重ねて頼んでいました。

株式会社カメリアプランナー  代表取締役

1975年、岐阜県出身。バブル崩壊後の就職氷河期真っ只中に大学を卒業し、就職浪人の上やっとの思いでベンチャー企業に就職し同企業でフランチャイズ(FC)担当となり、以降FC新規開発営業、スーパーバイザーとして300名以上の個人事業主、中小企業の事業主と交流。業務を通して得た企業の創業や事業計画立案など経験を活かし、2010年、中小企業の創業や企業支援を目的とした株式会社カメリアプランナーを立ち上げ、代表取締役に就任。現在は広告物・販促物を活用した広告宣伝支援や、法人設立や新規事業設立プロジェクト支援などに携わる。現在は8種類の業種の異なる法人・団体の取締役や幹部を務める。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

たった半年で次期社長を育てる方法

たった半年で次期社長を育てる方法

和田 哲幸

幻冬舎メディアコンサルティング

中小企業は今後10年間、本格的な代替わりの時期を迎えます。 帝国データバンクによると、日本の社長の平均年齢は2013年で58.9歳、1990年と比べて約5歳上昇しました。今後こうした社長たちが引退適齢期に突入します。もっと平…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧