謙虚な30代長男が…建築会社の社長になって「大暴走」の顛末

建築会社の社長である父を尊敬していたはずの長男が、会社を継いだ途端に大暴走!? 本記事は、和田晢幸氏の著書『たった半年で次期社長を育てる方法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

30代後半の「長男」に事業を譲ったワケ

F社は、土木関係の建築会社であり、創業者のS氏が一代で育て上げました。高度経済成長期に事業をどんどん拡大するも、バブル期にはしっかりと地元に根差して経営を行ったため、バブル崩壊後も業績は大きく下降することなく、いつしか地元では知らぬ人がいないほどの企業となりました。

 

60代となったS氏は、経営者としてもっとも脂に乗り切った時期にありましたが、「そろそろ一般企業で定年を迎えるような、いい年だから」と、事業を長男のT氏に譲ることにしました。

 

事業を長男に譲ることにした。 (画像)PIXTA
事業を長男に譲ることにした。
(画像)PIXTA

 

T氏は30代後半であり、経営者としては若いですが、建築系の大学を卒業してすぐに父親の会社に就職し、現場仕事を経験してきたこともあり、S氏の側近の従業員からも可愛がられる存在でした。

 

S氏は地域の名士として名高く、経営者としてもカリスマ性があり、社内の信頼も絶大でした。本人も自らの持つ影響力をよく理解しており、事業承継後に会長職などには就かず、取締役も辞任して経営に影響を与えない一従業員として会社に残るという選択をしました。つまり、経営権をほぼすべてT氏にゆだねたことになります。

 

T氏は父を非常に尊敬しており、業務の継承なども互いに配慮しあいながら行われたため、かなりスムーズに進行していきました。他の取締役や従業員もT氏に対し好意的であり、継承後も何の問題もなく事業が続いていくと考えられていました。

 

父を尊敬していた長男であったが…?  (画像)PIXTA
父を尊敬していた長男であったが…?
(画像)PIXTA

 

ところが、父の安定経営の路線を引き継ぐと思われたT氏は、新体制に移行するなり積極的な拡大路線を選択。新たな業務分野にも手を出し、経営の多角化を図ったのでした。

 

従業員として見守り、時にはアドバイスをしていこうと考えていたS氏は、慌てて息子をいさめ、やみくもともいえる事業拡大がどれほどリスクのあることかを説いて聞かせましたが、父を敬ってきたはずのT氏は、この助言に耳を貸しません。他の取締役や古株の従業員たちもはじめから拡大路線に懐疑的であり、たびたびT氏に拡大路線をやめるよう忠言を行いましたが、これもT氏に聞き入れられることはありませんでした。

株式会社カメリアプランナー  代表取締役

1975年、岐阜県出身。バブル崩壊後の就職氷河期真っ只中に大学を卒業し、就職浪人の上やっとの思いでベンチャー企業に就職し同企業でフランチャイズ(FC)担当となり、以降FC新規開発営業、スーパーバイザーとして300名以上の個人事業主、中小企業の事業主と交流。業務を通して得た企業の創業や事業計画立案など経験を活かし、2010年、中小企業の創業や企業支援を目的とした株式会社カメリアプランナーを立ち上げ、代表取締役に就任。現在は広告物・販促物を活用した広告宣伝支援や、法人設立や新規事業設立プロジェクト支援などに携わる。現在は8種類の業種の異なる法人・団体の取締役や幹部を務める。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

たった半年で次期社長を育てる方法

たった半年で次期社長を育てる方法

和田 哲幸

幻冬舎メディアコンサルティング

中小企業は今後10年間、本格的な代替わりの時期を迎えます。 帝国データバンクによると、日本の社長の平均年齢は2013年で58.9歳、1990年と比べて約5歳上昇しました。今後こうした社長たちが引退適齢期に突入します。もっと平…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧