「大金だったのに」子のいない三女死去…遺産の行方に兄妹絶句

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、遺言書にまつわる、あるきょうだいの間で起きたトラブル事例をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

莫大な遺産が手に入ったと聞いて一変した叔父・叔母

「やっぱりお金って怖いですね」

 

親族トラブルを振り返り、Aさんは大きなため息をつきました。

 

[登場人物]
A子さん…B子さんの娘
B子さん…長女、A子さんの母
C子さん…次女、A子さんの叔母
Dさん…長男、A子さんの叔父
E子さん…三女、A子さんの叔母

 

トラブルは、叔母であるE子さんが亡くなったことで起こりました。E子さんに子供はおらず、30年近く連れ添った夫とは10年前に死別しています。その夫は事業に成功しており、E子さんは相当な額の遺産を手に入れたらしいと、親戚の間で話題になっていました。

 

「E子叔母さんが、どれくらいの遺産を手にしたのか。具体的な金額はわかりませんが、叔父さん(=E子の夫)は地元でも有名な経営者でしたから、大金だったことは確かです。叔父さんが亡くなってからですね、不穏な空気を感じるようになったのは」

 

それまで親戚同士は、良くもなく、悪くもなく、という関係だったと振り返るA子さん。子どもがいないE子さんを「気楽でいいな」などと、C子さんやDさんが揶揄することもありました。

 

それがEさんがかなりの額の遺産を手にしたらしいということがわかると、C子さんやDさんは急に馴れ馴れしく接するようになったというのです。

 

「実はE子叔母さん、少し足が悪くて、移動に手間取ることがよくあったんです。C子叔母さんや叔父さんは『1人じゃ大変だから』などといって、毎日のようにE子叔母さんの家を訪れるようになったそうです。食事の用意とか、買い物の手伝いとか。でもお金目的なのは、はたから見ていても明らかで……」

 

A子さんの母であるB子さんは「いつかトラブルが起きそう」と、C子さんやDさんとは距離を置くようになりました。

 

「母はE子叔母さんにはっきりといったそうです。C子叔母さんや叔父さんが親切にするのは『お金目的』だと。自分は面倒なことに巻き込まれたくないから、きょうだいとはいえ、距離を置くと」

 

そんなB子さんに、E子さんは信頼を寄せていたのでしょう。今まで通りの関係を続けながらも、何か困ったときには、E子さんはB子さんに相談をしていたといいます。

 

晩年のE子さんは介護施設に入っていました。そこにも足しげく通ったのは、C子さんとDさんでした。B子さんは、必要最低限、定期的に顔を見に行くくらいだったといいます。そしてE子さんが亡くなったとき、事件が勃発します。

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧