「大金があるんだよ」兄弟驚愕の遺産額…父の死後に訪れた悲劇

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、遺言書にまつわる、ある兄弟間の相続トラブル事例をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

病床の父が「うちには大金がある」と突然の告白

「弟がまさかあんなことをするとは……」

 

先日起きたばかりのできごとを振り返り、そう呟いたAさん。2人兄弟の長男であり、弟は2歳年下です。小さいころは近所でも評判な仲良し兄弟でした。

 

「人見知りで、よく私の後ろに隠れているような奴だったんですけどね」

 

そんな2人の関係に変化が生じたのは、父が病に倒れ、余命宣告を受けたときだったといいます。Aさんの父は、いわゆる普通の会社員。それまでお酒もタバコもギャンブルもやらず、平凡を地で行くような人でした。

 

そんな父が病床で「相続について話をしておきたい」と言いました。

 

「話を聞いたときには『はぁ!?』と思いましたよ。相続なんて、金持ちだけの話かと思っていたんで」

 

かれこれ十数年前、祖父が亡くなり相続が発生したときのこと。遺産は不動産(=実家)と現金がありましたが、実家に住んでいた伯父家族がそのまま家を継ぐことになり、現金のほとんどを父が手にすることになったというのです。その額は……なんと8,000万円。すでに母は亡くなっていたので、相続人は兄弟2人。時期が来たら兄弟で二等分するようにと、父は伝えたのです。

 

「そんな大金を持っていたなんてな」

 

病室を出た兄弟は、突然の父の告白に驚きながらも、どこか興奮をおさえきれない様子でした。不謹慎かもしれませんが、父が長くないことは確実。相続が発生すれば、兄弟で二等分、4,000万円を手にできるというのですから仕方がないかもしれません。

 

「私も、突然大金の話をされて舞い上がっていました。あのとき、もう少し弟の様子に気を止めていたら、こんなことは起きなかったかもしれません」

 

そのときは、父の相続が発生したときに起きました。

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧