「白状しろ!」母の遺産500万円の不明金、疑惑の次女に迫る

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、遺産の使い込みに関する相続問題をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

カセットテープに遺志を録音した母

A子さんの子どもは三姉妹。姉妹は年子だったこともあり、子どもの頃から仲は良くも喧嘩が絶えなかったそうです。喧嘩の原因は、とても些細なこと。

 

「それ、わたしのお人形よ!」

 

「お姉ちゃん、わたしのお菓子、食べたでしょ!」

 

「わたしの服、勝手に着ないでよ!」

 

常にそんな調子だったので、A子さんは姉妹に差が出ないように気をつけていました。

 

「もう大変だったんですよ。『そっちのお皿のほうがお菓子、多い!』とか『お姉ちゃん、たくさんお小遣いもらっていて、ずるーい』とか。もう少し、年が離れていたら楽だったのかもしれないですね」と笑うA子さん。

 

この気遣いは、姉妹が大人になってからも続きました。

 

「結婚祝いとか、出産祝いとか、差が出ないようにということはもちろん、すべてオープンにしました。あえてみんなのいるところで渡すんです。『はい、出産祝い、10万円』とか。これなら『お姉ちゃんのほうが多くもらっているんじゃないかしら』とか、疑心暗鬼にならなくていいでしょ」

 

そんなA子さんの細かな気遣いもあり、家族は小さな喧嘩はありつつも、仲良く過ごすことができました。

 

A子さんが70歳を迎えたころ。5年前に夫を亡くし、そろそろ自分も終活に取り組まないと、考えるようになったといいます。

 

「何もせずに死んだら、あの子たち、どうなることか……娘たちも、いい大人なんですけどね」とA子さん。娘たちが実家に集まったお正月、姉妹の前で切り出しました。

 

「大切なことだから、テープにも録音しておくわね」というと、テープレコーダーのスイッチを押したA子さん。

 

「わたしも70歳を超えたから、いつ何があるか、わからないじゃない。だから万が一のことがあったときのこと、話しておきたいの」

 

「いやだ、お母さん。そんなこといわないで」と三姉妹。A子さんは続けます。

 

「とにかく、わたしがいなくなっても、三人には争ってほしくないの。この家は売ってしまって。そのお金は3人で均等に分けなさい。あと預貯金ね。最終的にどれくらい残せるかわからないけど……でもお父さんの遺産もあるから、結構な額はあるわ。貯金通帳は、お父さんのところ(=仏壇)にあるから、覚えておいて。それも三人で均等に分けるのよ」

 

「わかった、わかった。そんなこといっていないで、長生きしてよ」と娘たち。テープレコーダーのスイッチを切ったA子さんは、ホッとひと息つきました。実際に娘たちが遺産分割の場に直面するのは、それから10年以上経ったころの話です。

 

母の思いはテープの中に
母の思いはテープの中に

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧