「権利なんで」別居10年の妻が遺産を総どり…姉と妹の恨み節

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、別居中の夫婦に訪れたトラブル事例をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

妻と子供が出ていって10年…その理由は?

「別居して10年ですね……」と力なく話すAさん。妻が子供を連れて出ていってから、長い年月が経っていました。

 

Aさんとその妻は、「何で2人は結婚したんだろう?」と疑問をもたれるような夫婦でした。Aさんは堅実で真面目、付き合いの悪いタイプ。一方の妻は社交的で派手好き、人たらしとよくいわれるタイプ。正反対の2人でしたが、結婚したとき、妻は「結婚するなら真面目で堅実な人がいいのよ。浮気の心配もないし」と吹聴していました。

 

結婚後、妻は仕事をやめ、家事に専念。子宝にも恵まれ、家族3人、幸せな生活が続いていくものと思われました。しかし、結婚して10年。妻は突然子供を連れて出ていったのです。

 

「退屈でもう無理! あの人と一緒にいるなんて、耐えられない!」

 

表向きは生活の不一致。しかしAさんは知っていました。実は、ずいぶんと前から妻は不倫をしていたことを……。

 

「自分といても退屈なんだろうな、と諦めていました。家のことも、子育ても、きちんとしてくれていたので、目をつぶるしかないと思っていましたが……」

 

そんな諦めの境地にいるAさんに対して、「普通、怒るでしょ、不倫なんて知ったら。でも怒らないのよ、あの人。結婚してからずっと、あの人は、私に興味がないのよ」と妻。そんなことをいっていると耳に入っても、Aさんは何もいうことはありませんでした。そればかりか、別居中の妻と子のために、生活費を出していたといいます。

 

別居を始めてからしばらく経つと、どうやら妻は不倫関係を解消したらしいことをAさんは耳にしました。しかし妻はAさんのところに戻ることもありませんでした。「いまさら戻りたくない」という妻に対し、「子供が成人するまでは、僕が面倒を見ないと」とやはり生活費を出し続けるAさん。

 

そんな姿を、歯がゆく見ている人がいました。Aさんの姉と妹です。「不倫をして、勝手に家を出ていった人に、なんでお金を払い続けているのよ!」と、Aさんは何度も怒られたといいます。しかしそれでもAさんは別居中の妻を金銭面で支え続けたのです。

 

[PR]「相続・事業承継」情報
富裕層が知っておくべき相続対策・資産運用テクニックとは?

[PR]「相続・事業承継」情報
「納税猶予」×「株価対策」で進める「事業承継」成功の秘訣

[PR]「相続・事業承継」情報
令和時代「資産活用を見据えた相続」のノウハウとは?

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

中学・高校とバンド活動に明け暮れる。大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人山田&パートナーズに正社員として入社する。

税理士法人山田&パートナーズでは相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算300件以上。また、三井住友銀行・静岡銀行・ゆうちょ銀行を中心に、全国の銀行で年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。

税理士の使命は、難解な法律や税金をできる限りわかりやすく伝えることだと考えている。平成29年1月に表参道相続専門税理士事務所を設立し、平成30年より法人化に伴い、円満相続税理士法人に商号を変更した。

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧