「顔も見たくない!」勘当の兄が音信不通…父の遺産の行方は?

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、疎遠になった相続人に関連した相続問題をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

大好きだった兄が上京して一変!父の逆鱗に触れ勘当

「昔は、頼りになる兄だったんですよ」

 

そう話すAさん。三人兄妹の次男で、5歳上に兄、三歳下に妹がいました。幼いころ、両親は家業に忙しく、兄はよく弟妹の面倒を見ていたそうです。

 

「よく覚えているのはお風呂ですね。頭を洗ってくれたり、背中拭いてくれたり。兄が中学生になってからは、夕食を作ってくれることもありましたね。親の手伝いで忙しかっただろうに成績は優秀で、高校は地元でも一番の進学校に通っていました」

 

兄はその後、東京の一流大学に進学。実家を離れました。しかしAさんの兄は、上京してから変わったといいます。

 

「色々我慢していたんでしょうね、地元では。親に代わって弟や妹の面倒は見なければいけないし、周囲からは優等生と見られて、学校からは一流大学への進学を期待されて……大学に入って、実家を離れて、たががはずれてしまって」

 

兄が上京して初めて帰省したのは、大学1年のときの正月。それまでの優等生キャラとは180度違う、髪の毛は茶色に染まり、眉毛も細く整えられ、アクセサリーをいくつもつけた兄がいました。

 

「あらまぁ」と驚いた顔をした母を、Aさんは今でも覚えているといいます。「ずいぶんと垢抜けちゃって」と母は何もいいませんでしたが、父は「男のくせに、チャラチャラして」と嫌悪感丸出しだったそうです。それから、両親と兄との間には、ちょっとした溝が生まれたといいます。

 

その溝が決定的になったのは、兄が大学3年生のときの正月。また1年ぶりに実家に帰ってきた兄は、さらに都会に染まった感がありました。そんな兄に父は「就職はどうするんだ?」と尋ねました。すると兄は「就職する気はない」と回答。そこから家族を巻き込んでの大喧嘩。そして激高した兄は父に手をあげたのです。

 

兄は、そのまま家を出てしまいました。そして大学を中退してしまったのです。

 

「あいつはもう勘当だ」

 

兄に対する父の怒りは収まるところがありませんでした。そして兄もあの大騒動以来、実家に帰ってくることもなくなったといいます。兄は大学を中退したあと、フリーターをして暮らしているとか、バックパッカーをして海外を回っているとか、嘘か本当か、わからない話を、Aさんは耳にしました。

 

「両親は、一応、兄の連絡先を知っているらしいです。一切、連絡していないらしいですが。わたしたち(Aさんと妹)はまったく知らないですね、兄の連絡先。もっとも、妹なんかは父に手をあげた兄の姿がトラウマになっていて、すごい嫌悪感を抱いていますね。『もう一生会わなくてもいい』なんていっていました」

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧