「JR常磐線・我孫子」が、某巨大遊園地の誘致に失敗した理由

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、JR常磐線「我孫子」駅。

街の運命を変えた!?「手賀沼」の水質汚濁

「我孫子(あびこ)」は、千葉県我孫子市にあるJR常磐線(快速線、緩行線)と成田線の駅です。一日の乗車数は、3万人強。「我孫子」を出た常磐線はお隣「天王台」を過ぎると、利根川を渡り、茨城県に入ります。

 

 

「我孫子」という地名を、初見でスラリといえる人はあまりいないでしょう。この辺りを「あびこ」として最初に確認できるのは、鎌倉時代のこと。土地の相続をめぐる遺言書である『尼しんねん譲(ゆずり)状』に「しもつさのくにあひこのむら」との記述が見られます。

 

そもそも我孫子は、「阿毘古」「我孫公」など表記はさまざまですが、由来は氏や姓にあるとされています。古墳時代の大王や大和地方の有力豪族は豊かな土地を直轄地とし、貢納物を納めさせました。その際、土地やそこに住む人々に「我孫子」という名が付けられました。全国各地に「我孫子」「安孫子」「吾孫子」など、地名や人名が見られるのは、そのためだと考えられています。

 

また発掘調査の成果からみると、我孫子にある水神山古墳は4世紀後半に作られており、古墳時代から大和政権につながる有力者がいたと考えられます。そのことから、この一帯に「我孫子」という地名が付けられたといわれているのです。

 

「我孫子」駅を出て南に1kmほどのところにある「手賀沼」は、かつて、志賀直哉や武者小路実篤らが別荘を設けるなど、風光明媚な場所として愛されていました。そんな手賀沼に、1960年代、ディズニーランドの誘致計画があったことは知られた話。なんと起工式まで行われていましたが、その後、計画は頓挫。順調にいっていれば、世界的に名の知れた一大リゾート地になっていたかもしれません。

 

頓挫した理由のひとつが、手賀沼の水質汚濁です。高度成長期、周囲の急速な都市化により、水質は悪化。1974年には「日本で最も水質汚染された湖沼」といわれ、不名誉な形で全国に名を馳せました。その汚さたるや、30〜40代の人は社会科の教科書で写真を見たことがあるかもしれません。現在は、水質もだいぶ改善され、一度は消えた生物も戻りつつあります。とはいえ、まだ国の基準値をクリアできておらず、さらなる改善が望まれています。

 

「我孫子」駅周辺を見ていきましょう。東京のベッドタウンとして急発展した我孫子は、駅周辺に多少の商店の集積は見られるものの、基本的に住宅街。駅南口は、町の中心として発展してきたエリアで、徒歩1分の「アビイクオーレ」はイトーヨーカドーを核テナントとしたショッピングセンター。その先の国道356号までは低層のビルが並び、金融機関などが点在しています。

 

一方、北口は、駅前広場を囲むように雑居ビルが並ぶものの、すぐに住宅街が広がります。北口から徒歩5分ほど、国道6号線沿いの「あびこショッピングプラザ」は、「イトーヨーカドー我孫子店」のほか60の専門店が並ぶショッピングセンター。地域の生活を支える人気スポットです。

 

なにかとギリギリの利便性…できれば車はほしい

そんな「我孫子」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。まずは駅周辺の家賃相場です。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は4.11万円、11分を超えると、3.19万円となります(図表1)

 

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(5月14日時点) ※単位は万円
[図表1]「我孫子」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(5月14日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円、千葉県勤務で25~29歳で24.9万円、30~34歳で29.0万円となっています(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、千葉県勤務は6.2万円、都内勤務30代前半は8.5万円、千葉県勤務は7.4万円となります。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

会社員の適正家賃から考えると、「我孫子」駅周辺は、20代会社員でも十分に居住を検討できるエリアです。直線距離5kmほどで茨城県となると考えると、妥当な家賃水準ともいえるでしょう。また郊外とはいえ、単身者向け物件も豊富です。大手ポータルサイトで検索すると、適正家賃内で、駅チカ、築10年程度の物件は多く見つかるうえ、専有面積は30㎡〜40㎡と、都内では考えられないほどの広さ。さらに駐車場を借りても適正家賃内におさめることができます。

 

次に交通の利便性をみてみましょう。JR常磐線快速利用で「上野」34分、「東京」44分、「品川」54分。常磐線は東京メトロ千代田線と直通運転を行っていますが、途中乗換なしの電車を利用すると「大手町」54分、「表参道」68分。快速電車から地下鉄直通電車に乗り換えると、所要時間は10分ほど短縮できます(所要時間は、平日8時を「我孫子」駅を出発した場合の目安)。

 

常磐線の混雑率は160%以下と、都心を走る路線のなかでは低いですが、特に快速電車は数値以上に混雑しています。各停であれば始発電車も多いので、混雑を避けたいなら、積極的に利用することをおすすめします。

 

生活の利便性をみてみましょう。前述の通り、駅北口・南口、どちらにも比較的大きな「イトーヨーカドー」があるうえ、都心でもお馴染みの大手ドラッグストアも、南北、どちらのエリアにもあるので、最寄り品を買うのに困ることはありません。また国道沿いには、郊外型の量販店があるので、車があれば、よりライフスタイルを充実させることができるでしょう。

 

しかし飲食店は少なめ。都内近郊ではお馴染みで単身者でも利用しやすいファストフードや、ファミレスなどは、駅周辺には数える程度。そのようなジャンルの店舗は、国道沿いに出店しているので、単身者でも車があったほうが便利です。

 

家賃水準が低く、都心へギリギリ通勤圏、といった距離感にある「我孫子」。駅周辺に大型のスーパーなど必要最低限の店はあるので、最寄り品を買うのに困ることはありません。しかし買い物や外食は、国道沿いに建つ郊外型の店に頼ることができればベストです。我孫子暮らしに、車は必須といえそうです。

 

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧